2017年09月03日

久々の3000m越え


朝、7時半頃宿を出た。

街中の食堂で朝ご飯を食べ

DSC03477.jpg

ガソリンスタンドで紙を買って

さあ、出発。今日は峠のてっぺんまで

50キロずっと登りの予定。

食堂で朝ご飯を食べていたら4、5人

自転車で峠の方向に向かって行った自転車乗りを

見かけた。

 出発して登り口の辺りで若いキルギス人の青年

が空身の自転車で後から追い抜いて行く

少し話すと、峠まで行って戻ってくると言う話。

空身とはいえなんて酔狂なと思った。

昼ご飯を食べたポイントまでじわじわとした

登りが続いた。が、川沿いに走って来た道は

その後左手に曲がって勾配がどんどんキツくなって

幾重にも重なるつづら折りへ。

DSC03478.jpg

DSC03479.jpg

何回つづら折りを曲がっただろうか?

現れた売店でジュースを買って休憩。

DSC03481.jpg

DSC03480.jpg

この売店からさらに、道は上に向かってキツそうな傾斜

で登って行っている。

疲れが溜ってる僕たちにため息をつかせる坂道。

DSC03484.jpg

意を決して自転車を漕ぎ始める。

DSC03485.jpg

徐々に絶景が眼下に

DSC03486.jpg

DSC03487.jpg

DSC03488.jpg

DSC03489.jpg

DSC03490.jpg

なんとか6時頃には峠のてっぺんに着いた

本当の峠はさらに上にあるのだが、そちらは古い道で

ここにある全長3キロ程のトンネルが実際の峠になっている。

DSC03493.jpg

トンネル手前で警察の詰め所があった。

ここで止められ、自転車ではトンネルを渡れないと

言われた。が、しかし、先に出た自転車乗りの友達

もここを走って通っている。し、向こう側から自転車に

乗った人が出て来たりしてるのに。。。。

とにかく自転車で通るなと警官が言い張るので

どうしたらいい?と聞くと

車に乗せてもらって向こう側に行けとの事。

仕方が無いのでけんじさんが適当に見つけた

トラックの運転手に載せてくれるように交渉してくれて

無事にオッケーをもらって、荷台に載せる

けんじさんのチャリはそうではないが、

自分のチャリが大人3人がかりでやっと持ち上げる

事が出来るか?と言う程の重さで苦労した。

なんとか向こう側に渡って

下り始める。が風が冷たく寒い。

下る途中に出て来た宿屋の看板。

こんな場所に宿?と不思議に思ったけれど

寒いので行ってみる事に。

1km弱脇道に沿って行くと確かにあった。

どうやらスキー場の宿の様。オフシーズンも

宿屋は開けているみたいで助かった。

IMGP4136.jpg

IMGP4138.jpg

IMGP4139.jpg

僕らは寝るだけなので一番安い部屋を選んだ

が、中には電気ストーブがあってとても温かく

登る途中の売店で買ったビールで晩酌をしながら

パスタを作って夕飯にした。

2017年8月19日、走行56.39km。


posted by yutaka at 15:00| Comment(0) | キルギス

2017年09月01日

ビシュケク脱出


ビザ取り休暇がおよそ2週間。

アゼルバイジャンビザを金曜の朝受け取って

ビシュケクをその日の昼に出る。

ここでバックパッカーのけんじさんが

まさかの短期チャリダーデビューをすると言い出して

1週間程、僕と一緒に走る事となった。

彼の行動力は凄い。

いつも精力的に動いていて、このチャリでのショート

トリップのため、自転車やその他、必要なものの手配を

自分で現地調達して、出発日当日を迎えた。

この1週間の自転車旅はさくらゲストハウスの疋田さん

がおすすめのキルギスのベストルートの話を聞いたのが

発端となった。教えてくれたルートはほとんど車が走らない

景色の素晴らしいルートとの事で、けんじさんが走るので

一緒に走ろうと言う話に。

さて、2週間弱お世話になった「さくらゲストハウス」

自分はシングルルームに泊まっていた。

GOPR2122.jpg

GOPR2121.jpg

三階のシングルは

2部屋だけで、バルコニーへも出られる快適さ。

これで一泊950ソム(1600円弱)とまあ、俺は

お値打ちと思ってるけど、ドミに(ドミ1泊550ソム、

およそ900円弱)泊まっている他の旅行者はそれでも

「高い」と言っていた。俺から言わせれば、「高い」なら

もっと安い宿へ行けば良いのにと思う。本人が納得して

それぞれ、自分の金で思い思いの選択で宿や部屋を

決めている。自分がいかに安宿探すの得意で、これだけ

他人より安く泊まった、もっと安い宿がある。などと

自分の凄さアピールしているバカな奴はつまんない奴

だなと思う。良い歳してたかが日本円にして1000円

ぐらいの差額を払えないような奴、日本でもろくに

間に合わない奴だろうと俺は思う。

ま、自分は荷物が多いから、あまり高くないなら

シングルを選ぶようにしている。盗難の心配も格段に

少なくなるし。これは自分の判断で、自分の金使って

決めている事なので他人にとやかく批判される

筋合いは全く無い。

さて。

DSC03469.jpg

けんじさんがレンタルして来たマウンテンバイク

に荷物を取り付けていた。

DSC03470.jpg

にわかにこしらえた割には長旅感が出ている。笑

DSC03471.jpg

さて出発。

DSC03473.jpg

この日は80キロ弱走って明日越える

3200の峠の麓の町で宿を取った。

2017年8月18日、走行77.04km。
posted by yutaka at 20:00| Comment(0) | キルギス