2019年01月07日

キャンプしながらケープタウン、喜望峰へ


ナミビアのウイントフックに居る頃に

南アフリカのケープタウン発の航空券を

探していた。1ヶ月前から探したら安いだろう

との思惑であったけれど、コレが残りの


南アの旅程の首を絞める事に。。。

アフリカは走っている最中、旅の中だるみ

のせいか?やる気も起らなく、楽しく感じられず

早く南米に飛びたいと思っていた。

結局、ケープタウン発ブエノスアイレス経由ウシュアイア

の航空券をこの時購入したため

旅程は決まったので、ただひたすらに

ケープタウンを目指す事に。

といってもある程度余裕を見て旅程を

組んだので、普通に走って時々休憩をして

進んで行けば間に合う計算だ。

が、しかし、尻がきまった事による

焦りみたいな物はいつもあった

GOPR2858.jpg

GOPR2859.jpg

IMGP5297.jpg

IMGP5301.jpg

IMGP5305.jpg

3晩、野宿して進む。

しかし、この辺りは景色が変わらん。

IMGP5306.jpg

IMGP5307.jpg

IMGP5308.jpg

シトラスダルの町の入り口にあったキャンプ場で

IMGP5311.jpg

IMGP5313.jpg

2泊して休み、

マルメスバリという町の外れにあった

キャンプ場で1泊

IMGP5314.jpg

IMGP5318.jpg

IMGP5328.jpg

何故かこのキャンプ場にはクジャクが数羽放し飼いに

なってた。

そして一路、ケープタウンへ

IMGP5329.jpg

IMGP5332.jpg

街中に入ると、自転車の走れる路肩が無くなって

自転車専用道路が現れたり、途中で消えたり、

反対車線へ行ってしまったりと

走りづらく、どこも都会は自転車向きで出は無い

事を改めて実感。



IMGP5334.jpg


GOPR2860.jpg

GOPR2863.jpg

この日は、ケープタウンを過ぎて

ケープ半島の付け根辺りの郊外の町

ミューゼンバーグでキャンプ場に入った。

このキャンプ場がシーズン価格なのか?

1500円もした。これでもお金が無いと

値切ってこの価格。最初は2000円以上

の価格提示だった。

翌日、アフリカ走行の一区切りの終着点

喜望峰へ

IMGP5336.jpg

IMGP5339.jpg

IMGP5342.jpg


posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | 南アフリカ

2019年01月05日

南アフリカ1


フィッシュリバーキャニオンを出て

少し来たときと同じ道を走ってC12号線からB1号線に


IMGP5279.jpg

ナーンも無い荒野をただひたすら走るが

IMGP5280.jpg


快晴の続くナミビア南部はクソ暑く


IMGP5275.jpg

風も結構強い日が多くて

IMGP5286.jpg

しんどかった

IMGP5287.jpg


景色は殺伐としているが雄大で

IMGP5291.jpg

異国をというか、別の惑星を走ってる様な

IMGP5294.jpg

感覚に陥る

IMGP5297.jpg

国境を渡って、南ア、アフリカの最終訪問国

へと足を踏み入れた。

国境にはオレンジ川という川があってここが国境

の境目になってるようで、ここから延々と

登りが続く。緩ーい登りなんだけど、遥か彼方

に見えるはずの坂の頂上はかすんで見えない

ような遠大な坂で、風も強い。

一つ変わった事は、ナミビアに比べて暑さが和らいだ

事。

GOPR2845.jpg

そんなこんなで最初の町スプリングボックに着いた。

GOPR2846.jpg

町の中にあったインフォメーションで安い宿を探してる

旨を言って、いくつか教えてもらい探した。

GOPR2847.jpg

インフォメのすぐ傍にあった物件にアタック。

1泊450ランド(3600円)との事。

高いけれど、部屋を見せてもらったら凄く奇麗

キッチンもあって自炊も出来る。

GOPR2856.jpg

GOPR2855.jpg

 ので、ここで2泊して体を休める事に決定。

GOPR2853.jpg

宿の人も親切で感じがいい。

GOPR2849.jpg

ナマクランドと呼ばれるこの地域一帯は、

植物も独特な形をした物が多く、

その説明書きが街中にあった。

GOPR2850.jpg



GOPR2851.jpg


スプリングボックでの休憩の後

キャンプ場メインで進んでケープタウンを

目指す事に。

posted by yutaka at 17:00| Comment(0) | 南アフリカ