2017年06月20日

絶景の峠、雪山群。


昨晩、夜中に起きたときは雨が降っていた。

今朝もあまり天気はよくないようだが

幸い雨は降ってないようだ。

行ける。出よう。

朝、身支度して7時に出る様に

荷物を運び出す。

それを見ていた宿のオヤジさんらしき年配の

男性が昨日仕舞い込んだ自転車を出して来てくれた。

親切に荷物を取り付けるのを手伝ってくれた。

最後に握手を交わしてお礼を言って出た。

GOPR1968.jpg

走り出してしばらくして青空が見え始めた

GOPR1969.jpg

GOPR1971.jpg

何とも気持ちのいい標高4000弱の世界

GOPR1973.jpg

GOPR1975.jpg

IMGP4013.jpg

遊牧民の移動式住居(テント)が見える、夏の離宮かな?

GOPR1976.jpg

しばらく行くと左手に湖が。

ヤクが放牧してあって向こうの方まで草を食む姿が

絵になる。これを見ていると南米ボリビアのサハマでみた

風景、サハマの前に広がる大平原で無数のリャマが果てしなく

向こうまで草を食む姿の絵と重なる。

これがその景色

IMGP2319.jpg

IMGP2333.jpg

と写真を見返したらこちらの方が雄大だった。笑

さて、見晴し台でちょっと休憩。

GOPR1979.jpg

GOPR1981.jpg


GOPR1982.jpg

その後いよいよ本日のメインイベント

4500mの峠越えがスタート。

徐々に坂道に。

IMGP4021.jpg

と左手の山の稜線の切れ目から雪山が姿を現し始めた。

さぞ名の有る山と思い後でネットで調べたら、

雀儿山(Què'ér Shān,6168m)という山らしい。

IMGP4023.jpg

徐々に見えて来たが麓に湖があるようだ。

最初は少しだけ、一つだけ、見えていた雪山は

標高を徐々に上げるごとに真の姿を現してゆく。

GOPR1983.jpg

登り始めは雲に覆われていた山頂付近も

徐々に雲が晴れ始め。

GOPR1984.jpg


道は途中からガレガレの未舗装ダートになった。

が狭い道なのにも拘らず、大型トレーラーや乗用車が

結構走ってくる。

DSC03470.jpg

GOPR1987.jpg

時々停まってはの撮影タイムが

GOPR1994.jpg

つづら折りを折り返すたびに

IMGP4031.jpg

IMGP4039.jpg

IMGP4033.jpg


DSC03471.jpg

本当に絶景だった。

そして峠はなんとか登って頂上へ。

DSC03472.jpg

手元のGPSの高度計は4574mを指していた。

DSC03473.jpg

GOPR1998.jpg

とここで丁度お昼。

7時半に出て4時間半走って30キロ弱しか進んでない

のにちょっとびっくりしながらもメインが終わったので

ほっとして、ここ、峠のてっぺんで昼食を。

GOPR1998.jpg

GOPR1999.jpg

道路の脇に登れそうな場所があったので

道の脇の小高い場所で

絶景を見ながら入れるインスタントコーヒーは旨い。

GOPR2000.jpg

GOPR2001.jpg

コーヒー飲みながらラーメンを作って食べる。

食事してたら山の上からバイクに乗ったチベット人が

現れて少し会話にならない会話を交わす。

身振り手振りで、「飯食ってんの」と言って

ニコリと笑う。

しかし、このさらに上に何が有るのか?彼は何

をして来たのか?謎が多い。

GOPR2002.jpg

GOPR2005.jpg

峠に別れを告げダウンヒル。

GOPR2010.jpg

雪山の逆側を右手に眺めながら下る。

この日、これで終わったと思ったメインイベント。

夕方頃、天気が下り坂でとうとう雨が。

走行距離も伸びず70キロそこそこで、結構降って来た。

どうしようか(キャンプのつもりだがもう良いサイト

を見つけてキャンプするかどうか?)迷ったが、あとの工程

明日からの工程も有るので100は走りたい。

雨具をフル装備で付けて雨のなか走ることに。

なかなか止む事の無い雨と風に萎えそうになりながらも

昔の旅の事を思い出していた。

北米、カナダ、ブリティッシュコロンビアでアラスカハイウェイ

を走っていたときの事。雨が毎日続いて朝から晩まで数日。

着ている服も靴も、テントも何もかも濡れて、でも周りに

宿も町も無い。あの頃あんな過酷な状況でもよく走ってたな。

リアードの温泉に付いた時も未だ降っていた雨。

懐かしい。あれに比べたら、全然マシだな。

と思ったら走れていた。

結局、90くらい走った頃に雨は止み、

青空が見え始めた。

が、ここでまた別の嫌な問題が。

もうすぐ100kmなのだが、

民家や移動式住居が点在している。

キャンプ出来そうなサイトが無いと言う事。

それに、こちらは既に9時間近く走って、

午前中には峠も越えてヘロヘロなのに

民家の前を通り過ぎるときに、子供たちが

「ハロー!!」

と言って手を振ってくる。

これに最初は答えていたが

回数が増えてくると、正直、申し訳ないが、ウザい。

疲れてるし、キャンプ場所見つからんし、最近、夜9時

近くまで明るいのでイライラしているのに、

いちいち全部に「ヘロー」などと手を振ってられる程

寛大に出来てない俺。時々無視して気づかないふりして

走る。

 チベット高原辺りはキャンプし易いかと期待してたが

これまた、漢民族の世界と同じで、民家がが途切れる事

が無い様。畑は耕してないが、ヤクや馬が放牧してあって

遊牧の民だけに機動力が有る。民家同士が離れていても

周りに草原で何も無いので見つかり易い。

故に良いサイトが見つからない。

この日、ヘロヘロになりながら、あの角を曲がったら

民家が無くなるんじゃないか?という淡い期待を

抱きながら走り続けていると、標高が次第に上がりだす

4000、4100、4200、4300。

結局、峠の手前のつづら折りのカーブ。そこの谷

に付いた頃民家が途切れたので道路から外れて

小川の側でキャンプする事にした。

だが、何故か、丁度逆側で重機で何やら作業してる人が

2名。もう夜7時だと言うのになかなか辞めない。

そして、山の上の方から降りてくる家族連れ風の

一団。こんな時間に何してんだ?こんなへんぴな場所で

俺にキャンプさせないつもりか!?

と心の中で愚痴りながら。

開き直ってテントを張る。

結局作業員はその後、暗くなるまで作業していた。

本当に中国は野宿場所に困る問題は健在だった1日。

2017年6月11日、走行、112.12km。


posted by yutaka at 15:00| Comment(0) | 中国

2017年06月19日

藏族,欢迎你。


いつも通り朝7時に出発するように荷物を

階下に運び出す。

レセプションは閉まっていて、宿の人が居ない様。

鍵を返したいのに困ったな。と準備を進める。

準備し終わっても未だ起きてくる気配がない。

あっちを覗いたりこっちを覗いたりしていても出てこない。

仕方が無いので入り口の扉の取っ手に鍵を引っ掛けて

出ようとしていると、主人らしき男性が眠気眼をこすりながら

現れて、鍵をドアの取っ手から外しとっていた。

振り返ってお礼を言って出発。

町の外れの商店で水を6L買う。

そして走り出す。

DSC03468.jpg

町の出口が坂になっていてその上に展望台があった

雄大な山々を背景に景色がきれいだ

DSC03469.jpg

しばらく走るとお寺が

DSC03471.jpg

DSC03473.jpg

門がなかなか厳めしい

GOPR1958.jpg

もう一枚。

お寺を過ぎると下り坂になっていて

再び前方に雪山が

GOPR1956.jpg

GOPR1961.jpg

近くの岩の上で仙人のようなおじいさんが何やら手に

持って天に掲げながら何かを唱えていたが、写真を撮るのは

失礼かと思って撮らなかった。

その後、道はゆっくりと登り始める

DSC03475.jpg

天気はだんだんと青空が見え始める

DSC03474.jpg

GOPR1964.jpg

時々現れるチベット寺院。絵になる。

GOPR1966.jpg

気持ちのいい空のもと

徐々に標高は上がって行き最高4000ちょいまで登って

緩やかに下る

IMGP4011.jpg

90キロ強走ってG317とS217の分岐点まで

やって来た。ここで進むルートはS217方面

G317を行くとチベット自治区方面に行ってしまうので

行けない、(知ってる人も居ると思うが、チベット自治区を

旅するには特別な許可が必要なのだ。個人旅行で取るのは

難しいらしい。)のでS217を走って目指すは青海省

の玉树市(Yu shu)。この分岐の小さな町、

马尼干戈(Ma ni gan ge)に宿があったら

泊まろうと思って町に入って行った。

本当に小さい町だったけれど4〜5軒くらいざっと見た

だけでも宿屋があった。

そのうちの一軒に入って行こうとしたら

なかから若い恰幅の良いチベット人男性が丁度出て来た

こちらが話しかける前に僕の出で立ちを見てすぐに察して

「住宿吗?」(宿泊かい?)

と声を掛けて来てくれた

そうですというとすぐに

まあ、どうぞ中に入んなさいと案内してくれて

自分の片言の中国語に

外国人?どこから?

と言う彼、

日本人です、日本から

と言うと、すっごい喜んでくれて

部屋を案内される、数カ所部屋を見せてくれて

どれにする?と言われ4畳くらいの1人部屋を選んだ

テレビもネットも付いて60元と手頃な値段。

部屋が決まると、荷物を運ぶのを手伝ってくれて

色々親切にスマートフォンの翻訳アプリで日本語変換

して教えてくれる。

 明日はどこへ?と言われ、玉树(Yushu)方面へ行くん

だというと玉树(Yushu)まで340〜400キロくらい有るよ

と教えてくれた。

 だから4天(4日)くらいかかる。と僕。

そんなやり取りのあと最後に

藏族(チベット族は)

欢迎你(君を歓迎するよ)

とスマホを介して言われた。なんかとてつもなく嬉しかった。

DSC03481.jpg

その後町へ夕飯に

DSC03482.jpg

DSC03483.jpg

一番外れにあった飯屋に入って

回鍋肉炒飯を頼んだ

DSC03484.jpg

おやじが一人で切り盛りする店。

DSC03486.jpg

味はちょっと塩辛すぎたが、まあ、旨かった。

DSC03485.jpg

帰りにパン屋(チベット的な)さんで

揚げパンを買うときも店主がニコニコと対応。

漢民族の店ではあり得ない。と、こちらもニコニコしてくる。

チベット圏、旅がし易そうな感じがして来たゾ。

2017年6月10日、走行、93.53km。
posted by yutaka at 18:00| Comment(0) | 中国