2018年05月17日

モロッコ走行


ティトゥアンを最後に、南を目指す。

とりあえずシャオフェン、フェズと駒を進め

その後、3000m級の山々が東西に連なる

アトラス山脈越えをするルートで走った。

DSC03468.jpg

ティトゥアンから緩ーい傾斜でダラダラと

500m程登って、少し下って、

シャオフェンの手前でぐっとまた登らされ

ヘロヘロになって65kmほど走って町に入った。

町の中も坂が多く、宿へたどり着くまでの道は

激坂。

やっとたどり着いて、2泊で宿を取った。

ここシャオフェンは観光地のようで、

メディナの建物が青色で統一して塗ってあるので

とても奇麗な町並み。

DSC03470.jpg

DSC03471.jpg

DSC03472.jpg

DSC03474.jpg

DSC03475.jpg

着いたのが週末と言う事もあって

多くの人で賑わっていた。

DSC03476.jpg

DSC03477.jpg

モロッコの町は猫が多い。

DSC03478.jpg

DSC03479.jpg

猫好きには良いかも。

DSC03480.jpg

DSC03481.jpg

夕方、現地人で込んでいた汚い飯屋に入った

適当に頼んで、レバーの串焼きと

モロッコサラダが出て来たコレで

25ディラハム(292円程)とお値打ち。

DSC03483.jpg

メディナの入り口、路地が狭いのにすごい人出。

DSC03484.jpg

広場も人ばっかで酔いそうになった。

DSC03485.jpg

翌日、広場のレストランに行って初タジン。

DSC03486.jpg

代表的なモロッコ料理。

自分が頼んだのはチキンタジン

鶏肉と野菜が香辛料をかけて煮込んである。

なかなか旨い。

DSC03487.jpg

DSC03488.jpg

猫さんがおこぼれを求めてやってくるのがモロッコ。

DSC03489.jpg

夕飯は昨日行った汚い飯屋へ

鶏肉の丸焼きを注文。

DSC03490.jpg

なんか豆と野菜の煮物もついて来た

町をブラブラ

DSC03491.jpg

DSC03493.jpg

DSC03494.jpg

シャオフェンは山の中腹にへばり着くように

ある町で、眺めが結構良い。

DSC03495.jpg

宿への激坂。

写真では分かりにくいけど壁の様

DSC03496.jpg

この写真も分かりづらいけど激坂。

DSC03497.jpg

DSC03498.jpg

1日休憩日を入れたので

翌日出発する。

宿が110ディラハム(1250円)で安くて

居心地の良い部屋だったのでもう1泊くらいしたかった

けれど、ダラダラもよくないので出る事に

DSC03500.jpg

DSC03501.jpg

振り返ると眼下にシャオフェンの町。

この日は70km程走ってウェザーンと言う町へ

街中を走ってたら宿の看板が現れたので

看板に沿ってたどり着いた宿で値段を聞いたら

80ディラハム(900円強)との事で

投宿。しかし、フランス語がまだ学習し始め

なのでさっぱりだから一苦労する。

(西アフリカ諸国は旧フランス植民地だった国が

多くフランス語を覚えると便利だから。)

DSC03505.jpg

その後シャワーを浴びて、外へ夕飯を食べに

DSC03502.jpg

町の入り口付近に飯屋が集まっていたので

そこを目指し1軒に入る

DSC03503.jpg

鶏肉の焼き物を頼み、

モロッコティーも頼んだ

DSC03504.jpg

ミントティーに砂糖がしこたま入って甘い飲み物。

結構さっぱりしてて、疲れた体に染みる旨さ、甘さ。

明日、明後日走って、フェズを目指す。




posted by yutaka at 20:00| Comment(0) | モロッコ

2018年05月15日

カオス世界が楽しい


朝、7時に起きた。

宿のベッドが柔らかくて酷く沈み込むベッドだったので

腰が痛くなってしまったのと、前の晩は全くだったけれど

昨日は蚊がどこからとも無くやって来て、刺されまくって

痒かったので何かいも起こされた。


支度をして、8時過ぎに宿を出た。

フェリー乗り場で乗船1時間前に入って搭乗を待つ

DSC03469.jpg

DSC03470.jpg

あんな感じの船のようだ

乗船時間が来てが搭乗

DSC03474.jpg

貴重品を持って船内へ

船内で売店があって飲み物や食べ物を売っていた。

とりあえず、新しい旅立ちを祝って、

DSC03475.jpg

朝ビール。笑

1時間程の乗船時間でセウタが見えて来た

DSC03476.jpg

DSC03478.jpg

DSC03479.jpg

セウタの町は驚く程小さく、しかし、スペイン領

らしく、スーパーマーケットのLidrがあったのが

まだ欧州圏なんだと思わされた。

その後、海岸線の国道を走る

DSC03480.jpg

およそ5km程走ったら国境。

スペイン側の出国手続きは無かった。

それは事前に情報として知っていたのでいいが

知らなかったら心配になってしまうなあと思った。

入国手続きも簡単、その場で入国カードを渡され

その場で書いて提出、あっさりスタンプをもらって

入国。荷物検査も無かった。

DSC03481.jpg

一気に世界ががらっと変わった

標識ももちろんだがアラビア語表記。

DSC03482.jpg

モスクも中央アジアやトルコで見て来た形と

全然違って新鮮。

DSC03483.jpg

国道はずーっと自転車走行レーンがあって、ヨーロッパ

よりも自転車想いだなあと関心。

DSC03484.jpg

海岸線沿いの道が気持ちいい。ちょっと雲が多い

DSC03485.jpg

けど、晴天。寒くなく、暑くもない自転車日和

DSC03486.jpg

DSC03487.jpg

白を基調とした町並み

DSC03488.jpg

およそ45km程走って大きめの町

ティトゥアンへ到着。

ここで1泊して、モロッコの旅をどうするか考える事に

セントロにネットで探しておいた宿を探しに来たが、

モロッコ特有の狭い路地が迷路のように入組む

メディナ(旧市街)にあるようで、探したが見つからず。

ウロウロしていたら、小遣い稼ぎのモロッコ人に英語で

声をかけられ、何を探してる?と言われた。

コレは小遣い稼ぎと分かったが少しだけ話す事に。

安い宿探してると言うと、ホテルマラケシュが良い

ついてきなと言うオッサン。

連れて行って、案内してやったから幾らよこせと言うと

分かるので、着いたらお金要求するんだろ?

といったら、そうだと言う。高くないよと濁すので、

幾ら請求するんだ?と聞いたら10ユーロと言うオッサン

アホくさ、10ユーロも。

さようなら〜。と言ってその場を去る俺。

後で、名前を聞いたホテルマラケシュを地図アプリで

探したら載っていて、自分で探して見つけた。

値段を聞いたら10ユーロ。(1330円くらい)

ヨーロッパに比べて格段に宿代が下がった。

1泊する事でチェックインした。

しかし、さっきのオヤジに案内されて来たら

10ユーロ、宿代が10ユーロ。どう見ても釣り合わんだろ

オヤジ。

ま、さて、シャワーを浴びて町へ出る

DSC03492.jpg

メディナは本当に迷路の様で、通り沿いに所狭しと

色々な店が並ぶ、中南米やアジアで見た世界が広がって

久しぶりにワクワクする。

あ〜、やっぱ、先進国はこういうところ無いし

こっちの方が、落ち着くな〜、物価も安いし。

DSC03493.jpg

DSC03495.jpg

中央の広場。

DSC03490.jpg

やたら猫が多い

DSC03491.jpg

DSC03499.jpg

猫好きには堪らないですにゃ〜。

DSC03502.jpg

散々歩いて歩き疲れて帰りに食堂でテイクアウトで

鳥の丸焼きを買って帰る。

さ〜明日も走りますかあ。

2018年5月5日、走行44.91km。
posted by yutaka at 17:00| Comment(0) | モロッコ