2017年12月11日

ブログ更新の件


中央アジアのネット事情の悪さに伴って

また、宿どまりからキャンプ中心の移動に

なったことによって、ブログを更新出来なくなって

ました。その日ごとに付けていないと、記憶が薄れたり

溜って面倒になってしまって余計に書かなくなってしまう

という悪循環の中でした。が、とりあえずなんとか、

旅の記録として後で読み返した時に自分の記憶の財産として

残したいので出来る限り遡って付け直しています。

時系列が前後するかもですが付けて行くつもりです。
posted by yutaka at 02:02| Comment(0) | 管理人より挨拶

2017年11月28日

フェリーでカスピ海横断


翌日、指定された時間に教えられた電話番号に

電話を掛けた。

 電話で英語を話す、聞くと言うのは神経を使う。

そんなに話せる訳でもないし、聞くのは細心の注意

を払った。

 「チケットを買いたいんだけど、どこで買えますか?」

「港に来い、今船がこっちへ向かっている」

との事だった。

 すぐに荷物をまとめ、宿をチェックアウトし港へ

7キロ程走って、途中ATMで足りないお金を下ろし

港へ到着。

 オフィスに入ってチケットを買いたい旨を伝える。

パスポートを提示して80ドル分のカザフスタンテンゲ

26800テンゲを支払った。

 わざわざ町で下ろしてこなくても、オフィス内にATMが

あったし、敷地内に換金所もあった。

12時過ぎに港へ付いてチケットを買い、船は3時間後くらいに

着くと言われたが、その後3時間経って、言われたのが、

遅れていて、多分、今日の夜か明日の朝の到着予定だとのこと

そう来ましたか。

 町まで戻って宿屋で待つにも中途半端だし、

何よりいつくるか分からないので、港で待つ事に

長期戦だ。

DSC03468.jpg

幸い日中はそんなに寒くなかったけれど、

夕方になると風が出て来て寒くなって来た

DSC03469.jpg

防寒着を着て

待つ

DSC03470.jpg

他の乗客らしきツーリストが夜、やって来た

バイク旅のカップル欧米人、

自転車旅のスペイン、ドイツカップル

カナダ人バックパッカー。

彼らが現れてしばし待つとすぐに出国手続きが始まった。

DSC03471.jpg

他に仕事でフェリーにトラックと一緒に乗込む

ドライバーたちが20人程度

出国手続きを済ませ、船の前で

さらに3時間待たされる。

DSC03472.jpg

結局、船に乗れたのが夜中の1時過ぎごろだった。

そして、船が出たのが3時。

船は3度の食事付きだった。

部屋は、話に聞いていたのは2人ずつ

一部屋が割り当てられると聞いていたが、

狭い6人部屋に

外国人グループ見たく、

欧米バイクカップル

欧米サイクリストカップル

欧米バックパッカー

と同室になり、英語会話がネイティブで

飛び交う、完全にアウェイ。

たしか、7年程前、パナマ〜コロンビア間を

船で渡ったときも、同じ状況だった様な。。。

どうやら船運は無い様デス。

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

DSC03475.jpg

DSC03477.jpg

DSC03483.jpg

DSC03486.jpg

船はまるっと24時間の航海の後、バクーの港の沖に到着。

が、沖に着いてからが長かった。

船が貨物船なので荷物の積み降ろしの順番待ちで

2隻ほど待っている状態。

結局、自分たちの船が港に着けて

入国手続きが始まるまでに

24時間程掛かった。

早朝、5時ごろ無事25カ国目となる

アゼルバイジャンのバクーへ到着。

DSC03497.jpg

コーカサスの旅が始まる。


posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | カザフスタン