2018年02月11日

セルビア走行


翌朝8時前に宿を出る。

セルビアに入ってから時差がまた1時間早くなった

いままで8時過ぎごろ明るくなっていたのが

7時過ぎには明るくなるので午前中の走行を伸ばす事が

できるので有り難い。

ルートはピロトの町を出てレスコパツ方面へ

ローカルロードの山道を行く

路肩は完全に無くなって、対面通行片側1車線

の道だけど、交通量が少ないので走り易い

DSC03468.jpg

DSC03469.jpg

こんな小さな村がいくつも現れる道

DSC03470.jpg

今日も快晴!

DSC03471.jpg

DSC03472.jpg

朝は氷点下まで冷え込んで、早い時間は未だ

寒いけれど、太陽が昇って照りつけ始めると

気温も2桁まで上昇する。

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

DSC03476.jpg

わき水が出ていた。


DSC03478.jpg

ベトナムでも全く同じ標識を目にした。

町始まりますよの標識と

DSC03479.jpg

終わりますの標識。

旧社会主義国家だったからか

社会主義の国の遺伝子か。。

 
 ちょっとしたアップダウンの多い山道を

昼頃には抜けてレスコパツという町へ出る手前で

道は高速に合流した。

自分はこの後マケドニアへ向かうので

レスコパツには向かわないで南下する。

路肩の広々とした快適な高速を走る

途中、高速が工事中で、ローカルロードに

合流して路肩の無い片側1車線の交通量の

多い道を走らされる。こういう道は神経を使う

けれど、セルビア人の運転はとても親切で

大きくハンドルを切ってよけて行ってくれるので

安心して走ってられる。コレがトルコなら走ってられる

かも怪しい。笑

ローカルロードを走って行って

再び高速が現れた頃に

115キロほど走っていた

この辺りに調べておいた宿をみつけ

入った。

 シングル15ユーロだという15ユーロだから

2000円くらいか。ま、よしとしよう

 ここの宿のオーナーのおばちゃんがすごく感じがいい

英語も少しだけ話せるのと言って良くしてくれた

ここのレストランで夕飯。

DSC03480.jpg

オマカセで頼んだ

セルビアのサラダ。

このパプリカの漬け物がとても旨い

DSC03482.jpg

肉料理も良かった。

明日はセルビアを抜けてマケドニアへ。

2018年1月31日、走行115.08km。
 
posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | セルビア

2018年02月10日

始動!


朝、7時に起きて

軽く朝食の支度。

済ませて、荷物をまとめる。

GOPR2470.jpg

13泊したマイベッド。

去り際がちょっと寂しい。

GOPR2471.jpg

ダイニングキッチン。8人部屋と4人部屋の共同

なのだが、昨日と今日は自分一人だけで快適だった

GOPR2472.jpg

荷造りして出る時スタッフにお礼と挨拶をしよう

と思って探したけど誰も起きていない様だった。残念。

GOPR2473.jpg

13泊、ありがとう!!また!!

久しぶりのフルパッキングの自転車に跨がり

漕ぎ出す時に感じる感覚。

 荷物の重さを感じてハンドルがふらつく感覚が

懐かしい。

 さ。行きますか!!

ソフィアの町を来たときと同じように走って

郊外へ

DSC03481.jpg

今日は快晴!

雲一つない晴れで太陽の日差しが温かい。

天気予報を見ると木曜まで晴れ予報。

コレは良い。

DSC03482.jpg

日中の気温も13℃くらいまで上がっていた

DSC03483.jpg

700mくらいまで標高が上がって

その後はゆっくりと下る気持ちのいいルート

DSC03484.jpg

温かい晴れの日、自転車日和だ。

新調したタイヤや靴が気持ちいい。

DSC03485.jpg

50キロ程走ってブルガリ〜セルビア国境へ。

国境で外に居た職員に声を掛けられ立ち話

ブルガリアの出国手続き。珍しい事に係官がおばちゃん

だった。あっさりスタンプもらってセルビア側へ

両替所でブルガリアレフをセルビアディナールに変える

レートもそんなに悪くなかった。

セルビア側の入国審査も簡単にスタンプもらって

DSC03486.jpg

いざセルビアへ!!

DSC03487.jpg

DSC03488.jpg

国境越えは何回やっても緊張する。

が今回はスムーズに事が運んで幸先良いスタート

DSC03489.jpg

そのまま続く道は高速道路の様

でも止められない限り、快適なので走る事に

DSC03490.jpg

30キロ走ってピロトの町へ

DSC03491.jpg

自転車レーンがあった。

DSC03492.jpg

東欧らしい町並み

DSC03493.jpg

田舎町の様。


昨日の晩、ブッキングで宿を探して予約しておいた

シャワートイレ付きでシングル9ユーロと安かったので

決めた宿だったが

 探しても地図の場所に見当たらない

周りは民家ばかり、看板も無い。

困っていたが老人が戸口に居たので

聞こうと声を掛けたら、ジェスチャーで

寝る仕草をして泊まるのか?と言って来た

え!ここ?

普通の民家にしか見えない。

が招き入れられるままに中へ

DSC03494.jpg

電話を多分息子らしき人に掛けて変わる

電話で話すと何を言ってるか聞き取りづらい。

どうやら5分で来ると言っている

その間おじいさんが部屋に案内してくれた

DSC03495.jpg

DSC03496.jpg

確かに。奇麗なバストイレ付きのシングルルーム

ネットもある。

息子らしきおじさんがやって来て、

話す。1泊9ユーロと言う事

でお金払って、チェックイン。

今日は疲れた。久しぶりにはしったので

足が悲鳴を上げていた。

ゆっくりしよう。

明日は峠越えもあるようだ。

2018年1月30日 走行84.68km。
posted by yutaka at 12:00| Comment(0) | セルビア