2017年11月28日

フェリーでカスピ海横断


翌日、指定された時間に教えられた電話番号に

電話を掛けた。

 電話で英語を話す、聞くと言うのは神経を使う。

そんなに話せる訳でもないし、聞くのは細心の注意

を払った。

 「チケットを買いたいんだけど、どこで買えますか?」

「港に来い、今船がこっちへ向かっている」

との事だった。

 すぐに荷物をまとめ、宿をチェックアウトし港へ

7キロ程走って、途中ATMで足りないお金を下ろし

港へ到着。

 オフィスに入ってチケットを買いたい旨を伝える。

パスポートを提示して80ドル分のカザフスタンテンゲ

26800テンゲを支払った。

 わざわざ町で下ろしてこなくても、オフィス内にATMが

あったし、敷地内に換金所もあった。

12時過ぎに港へ付いてチケットを買い、船は3時間後くらいに

着くと言われたが、その後3時間経って、言われたのが、

遅れていて、多分、今日の夜か明日の朝の到着予定だとのこと

そう来ましたか。

 町まで戻って宿屋で待つにも中途半端だし、

何よりいつくるか分からないので、港で待つ事に

長期戦だ。

DSC03468.jpg

幸い日中はそんなに寒くなかったけれど、

夕方になると風が出て来て寒くなって来た

DSC03469.jpg

防寒着を着て

待つ

DSC03470.jpg

他の乗客らしきツーリストが夜、やって来た

バイク旅のカップル欧米人、

自転車旅のスペイン、ドイツカップル

カナダ人バックパッカー。

彼らが現れてしばし待つとすぐに出国手続きが始まった。

DSC03471.jpg

他に仕事でフェリーにトラックと一緒に乗込む

ドライバーたちが20人程度

出国手続きを済ませ、船の前で

さらに3時間待たされる。

DSC03472.jpg

結局、船に乗れたのが夜中の1時過ぎごろだった。

そして、船が出たのが3時。

船は3度の食事付きだった。

部屋は、話に聞いていたのは2人ずつ

一部屋が割り当てられると聞いていたが、

狭い6人部屋に

外国人グループ見たく、

欧米バイクカップル

欧米サイクリストカップル

欧米バックパッカー

と同室になり、英語会話がネイティブで

飛び交う、完全にアウェイ。

たしか、7年程前、パナマ〜コロンビア間を

船で渡ったときも、同じ状況だった様な。。。

どうやら船運は無い様デス。

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

DSC03475.jpg

DSC03477.jpg

DSC03483.jpg

DSC03486.jpg

船はまるっと24時間の航海の後、バクーの港の沖に到着。

が、沖に着いてからが長かった。

船が貨物船なので荷物の積み降ろしの順番待ちで

2隻ほど待っている状態。

結局、自分たちの船が港に着けて

入国手続きが始まるまでに

24時間程掛かった。

早朝、5時ごろ無事25カ国目となる

アゼルバイジャンのバクーへ到着。

DSC03497.jpg

コーカサスの旅が始まる。


posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年11月25日

荒野を500km カザフスタン


友人と別れて残りの砂漠200キロを走り

DSC03483 copy.jpg

IMGP4613.jpg

ウズベキスタン〜カザフスタン国境へ無事着いた。

DSC03486 copy.jpg

といってもカザフ側に出ても不毛な荒野。

国境から90キロ弱にある最初の町

ベイネウまでの悪路を走りきって

ベイネウで宿を取った

DSC03469.jpg

ベイネウでは休息も兼ねて

DSC03470.jpg

2泊した。何も無い普通の町だったが

DSC03471.jpg

こんな町で連泊してゆっくりするなんて言うのが

DSC03472.jpg

自転車旅の醍醐味だ。

DSC03474.jpg

町には大体、庶民が集まる市場がある。

そこを嗅覚で探し当てて、ゴム手袋を購入。

ブラブラして時間を潰すのも楽しい。

2泊目の夕飯にテイクアウトした。

DSC03475.jpg

ベイネウキング!!

なかなか美味しかった。

ベイネウを出て、3日、また荒野を行く

DSC03477.jpg

DSC03483.jpg

正直、こんな景色はもう飽きたよと言う感じ。

家も何も無い道路に現れた、ジョン。

DSC03480.jpg

吠える訳でもなく、ずっと付いてくる。可愛い奴。

5キロくらい付いて来たかな?

DSC03481.jpg

3日目にシェトペという小さな町に着いて

1軒しか無い宿に投宿。

そこから2日でアクタウへ。

カザフスタンの道を走っていると、

道沿いの崖上に良く動物のモニュメントが現れる

DSC03491.jpg

DSC03493.jpg

カザフスタンらしい景色。

途中、海抜マイナス116m地点と言う標識。

DSC03501.jpg

DSC03503.jpg

DSC03504.jpg

ほー。そうですか〜。

DSC03505.jpg

またモニュメント。

そしてアクタウへ

DSC03506.jpg

DSC03509.jpg


ここアクタウではアゼルバイジャンのバクー行きへの

貨物フェリーに乗る予定。

DSC03517.jpg

 とりあえず、調べておいた安宿に投宿して

DSC03509.jpg

DSC03510.jpg

まちへSIMカードを買いに。帰りに昼ご飯でレストラン

でピザとビールを注文。

DSC03511.jpg

SIMを買ったのは、フェリーが不定期便のため

いつくるか分からない。多分3〜4日置きに1便らしいが

フェリー会社のオフィスに行ってフェリーが

いつくるか分からなかった場合に電話番号を残して

来たら電話を掛けてもらうため。

が、本当に自分の番号に掛けて掛かってくるのか

不安が残る。一応ネットはつながる。

帰りにフェリー会社のチケットオフィスによった

フェリーは今日は来ないとの事。

明日くると言う話。マジか?

なんと言ういいタイミング。

チケットを買いたいというと、

電話番号を書いた紙を渡されて、明日午前11時に

この番号に掛けて聞いてくれと言われた。

本当に大丈夫か?なんでここで買えないのか?

謎だ。

まとりあえず、明日電話を掛けてみる事に。。。。

DSC03514.jpg

DSC03516.jpg

カスピ海。

まるで海のような広大な湖。

posted by yutaka at 13:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年08月14日

カザフスタンを走る


宿は朝食バイキング付きだった。

ので朝、飯をかき込んで出発する

DSC03476.jpg

バイキングなのでおかわり自由。

が少し食べ過ぎてしまったようだ。

DSC03477.jpg

宿を8時半ころ出る。

20キロも走るとアルマトイの町を

完全に出て片側1車線の対面通行の幹線道路

に変わった。これから向かうキルギスの首都

ビシュケクが200キロ強先にあるためか

交通量が多い。

走っていたらウルサくクラクションを鳴らしてくる

トラックが追い抜いてゆき、自分の前の路側帯に

止まった。運転席からしきりに声を掛けてくる

運転手を振り返ってみると

何と先日、アルマトイに着く日の昼に

東屋で会って、スイカやナンやコーラを

くれたおっちゃんだった。

大声で指をお互いに指しながら大声で「あーっ」

と驚きの再会。

ビシュケクまで行くのか?乗ってけよ。とおっさん

がロシア語かカザフ語で言って来た。

が自分で走りたいと、丁寧に断った。

理解したおっちゃんは、

気をつけて行けよ、と握手してくれた。

カザフ人本当にいい人が多い。


5日は100キロ順調に走って

荒野の道路脇の林でキャンプした

DSC03478.jpg

翌6日、カザフスタン最後の町となるコルダイまで

120キロ程。

あさ、6時スタートで薄暗い中を出発。

60キロ程走ると道は南の方向へ分岐路があり

DSC03479.jpg

分岐からすぐに登りが始まる

DSC03480.jpg

DSC03481.jpg

DSC03482.jpg

DSC03483.jpg

DSC03484.jpg

標高1200mまで登ったらながーい下りが待っていた

峠の上には風力発電が。このときは登りきるまで

追い風だった。

DSC03485.jpg

IMGP4119.jpg

IMGP4124.jpg

IMGP4125.jpg

この辺りは本当に辺り一面ずーっと平原が広がって

雄大、広大と言う言葉がぴったりだった

自転車で走るには最高に気持ちいいルート

IMGP4128.jpg

IMGP4130.jpg

IMGP4133.jpg

下りきってからコルダイの町までは


ほとんどフラットな道で3時頃には

町に着いた。国境はすぐ2キロくらい先だった

けれど今日はここまで。最後のカザフスタンを満喫。

宿を探しまくってメインストリートから東に入った

所にあった外観の奇麗な宿に投宿

2017年8月5日、走行105.44km。

2017年8月6日、走行126.28km。


posted by yutaka at 16:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年08月13日

アルマトイでパミールの準備


アルマトイの町はカザフスタン最大の都市

と言うだけある

DSC03471.jpg

中国でも頻繁に見かけたレンタル自転車が街角に

あったりした

DSC03472.jpg

人種はここがアジアか?と思う程白人が目立つ。

DSC03473.jpg

すぐ隣があの、「さすが中国」というコテコテの

アジア世界なのに、ここカザフスタンはお隣ということを

忘れるくらいの変わり様だ。

アルマトイでは宿を2泊とって

今日は2泊目ということで、これ以降、自転車の

パーツを揃えられるような自転車屋のある町が

無いように思えたのでここで自転車屋巡りをして

不安な消耗品の買い足しに行った。

ネットで調べて足を運ぶ店舗を2、3ピックアップ。

先ず最初に向かったのは宿から南に2〜3キロ歩いた

場所にあるElite sports(43.242216, 76.938263)

スポーツとあるのでチャリ屋ではないように思えるが

アウトドア系の用品を広く扱っているようで

自転車やパーツも売っている。

ここの店員さん対応してくれた男性が英語を話したので

欲しかった、ブレーキパッドの交換部品、タイヤのチューブ

タイヤ、空気入れをそれぞれ買う事が出来た。

ブレーキパッドの在庫が1セットしかなかったので

他の店舗の場所を紹介してくれてその後、向かう。

Real sports(43.247823, 76.933627)という1ブロック

北西にある店に行ってさっき買ったパッドを見せて

持ってるか?と聞いた。在庫が2セットあったので

2つとも即買った。

これでパミール走行の準備も、心配なパーツは一通り

買えた。パミールというのは今後走る事になる

タジキスタン共和国やその周辺国に跨がる高原地帯

世界の屋根と言われる地域。

ユーラシア横断のハイライトとも言うべきルート。

帰りに見つけたスターバックスで

P_20170804_112543.jpg

久しぶりのアメリカーノ

P_20170804_112645.jpg

コーヒー片手に購入したパーツを見ながら

パミールを想う。

至福の時

さて、アルマトイでのしなければならない事は

済ませたので明日からまた走りますか〜。

夕飯は宿近くの食堂で

DSC03475.jpg

ラグマン。

中国で言う拌麺。

650テンゲ(およそ220円)。

2017年8月4日、走行0km。
posted by yutaka at 16:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年08月12日

アルマトイへ


宿を8時前に出る

DSC03468.jpg

1階の受付には若い女の子が店番していた

チェックアウトの旨を伝え

自分の自転車が食堂にあるので出したいと

ジェスチャーで伝える

なんとか伝わって、食堂への勝手口の鍵を開けてくれた

今日はカザフスタン最大の都市アルマトイまでの70数キロ

なので余裕で出発。

 町を出る前に手持ちのテンゲが心もとなくなったので

ATMを探しながら走っていたけれどなかなか見つからない

仕方が無いのでアルマトイで探す事にして走り出す。

道は相変わらずの超快適な下り基調。

さくっと昼までに50キロ強走って

現れたレストエリアで持っていたタマネギを

消化する為に昼食休憩。

ベンチとテーブルのある屋根付きの東屋

でパスタをゆでる。

適当にペペロンチーノ風のパスタをと思って

作っていたら、トラックに乗った3人の男性が

東屋に入って来た、この場所にはもう一つテーブル

がある。ここで大きなスイカを3人で食べようという

話のようだ。

 当然、荷物満載のチャリを側に自炊してる外国人

の俺に興味はうつり、話しかけてくる。

一人が少し英語を話すので

旅の事や今日の行き先など話してた。

スイカの(大の苦手な)や、ナン、コーラの

お裾分けを大量にもらってしまった。

昼ご飯が食べきれない量になった。笑

その後、すぐにアルマトイの町へ入る。

最大の都市だけれど、町は至って走り易く、

どこかの国のような立体交差や車専用の道もない

予約しておいた宿に着く前にATMを見つけてテンゲ

を下し、宿にチェックイン

シングル4500テンゲ、バス共同

ここで2泊の予定。

DSC03469.jpg


早速、商店でビールを買ってのウエルカムドリンク

と洒落込む。

夕飯は町ぶらして見つけたシャシリク屋でシャシリク

DSC03470.jpg

うまし!

2017年8月4日、走行74.49km。
posted by yutaka at 16:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年08月10日

夏の日


サリオゼクの宿、シングル、バストイレ共同だったけれど

他に宿泊客も少なくて超快適だった。

部屋も風通しの良い部屋でエアコン無しだったけれど

涼しくて快適。

GOPR2114.jpg

朝、7時頃、宿を出る

DSC03468.jpg

DSC03469.jpg

りっぱな作りの外観。

街中を少し走って

DSC03470.jpg

DSC03471.jpg

道は郊外でA3という片側2車線の立派な道に合流する。

これを南方向、アルマトイ方面へ向かう。

DSC03472.jpg

DSC03473.jpg

今日の予定は100キロ離れたカプチャガイ

しばらく走ると左手に大きな湖イリ湖が見え始めた

IMGP4112.jpg

IMGP4113.jpg

何ともデカい湖。

その向こうにはうっすらと背丈の大きい山陰が

天山山脈のいずれかの峰だろう。

IMGP4114.jpg

しかし、毎日いい天気で助かる。

日中は暑いけれど

日陰は涼しい。

IMGP4116.jpg

この日はほとんど下り基調で進んですぐに

カプシャガイの町に着いた。

宿は調べておいた宿にアポ無しで行った。

シングル5000テンゲ(およそ1700円)

商店でスマートフォンのSIMカードを買い直した

ジャルケントで買ったSIMが通信料が終わってしまったのか

つながらないので新たに買い直し。

宿に帰って、全てカザフ語かロシア語で書いてある

説明書きを翻訳ソフトで翻訳して使い方を探る。

DSC03474.jpg


なんとか通信は開通した。


夕飯は宿の食堂でシャシリクを食べた

DSC03476.jpg

これ本当に旨い。ビールが進みそう。

日本であったら絶対はやる。

2017年8月2日、走行102.78km。
posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年08月09日

荒野のシャシリク屋


昨日のキャンプした場所を薄暗いうちに出る

昨日苦しんだ風は止んでいるようだった。

緩やかな下り坂なのになかなか距離が伸びなかった

が、今朝は快調に下って行く。

標高は1000m辺りまで下がって来た

途中、森があってガソリンスタンドと店?建物が現れたけれど

人影はない。

それを過ぎると程なく登りが始まった。

並木道があって、それを越えて登って行くと

小川沿いに道は登って行く。

途中、ナイフとフォークの絵の看板が現れた

こんな辺りに何にも無い荒野の道の峠道の

道中に、シャシリク屋(串焼き屋)があった。

ここで、手持ちの行動食も無くなっていて、水も

残り少なかったので、お腹が減っていた。

ので通り過ぎようかとも思ったけれど

引き返して、シャシリクを4本頼んだ

DSC03492.jpg

DSC03494.jpg

付け合わせのタマネギとパンがついてくる。

DSC03493.jpg

これが絶品。

チャイも頼んで食事していたら、

他のお客が話しかけてくる。

言葉がわからないので、お互い分かる地名や

ジェスチャーを交えての会話。

旅の事。どこから来たのか?どこへ向かうのか?

一人か?どこで夜は寝てるんだ?など。

意外と言葉が出来なくてもお互い伝わって分かるから

面白い。

彼らが帰りがけに声を掛けて手を振って行ってくれた。

カザフスタン人は本当にいい。

DSC03495.jpg

お店を後にして峠道を行く。

DSC03496.jpg

40キロ強走って1700mの峠を制した

およそ700mの登りだったか。

DSC03497.jpg

DSC03498.jpg

下る途中、峠から2〜3キロの場所に水飲み場があるという

GPSの地図の情報があって、その辺りで水の補給をしようと

探した。奇麗なわき水がコンクリートで覆われた溝から出ていた

が、水面にはゲンゴロウが一杯。気持ち悪い。

が水が心配だったので少しだけ汲んでおいた。

その後、ルートはほとんど下り。

町まで着くのに小さな村らしきものの側を

かすめた程度で後は荒野か畑だった。

順調に3時頃、サリオゼクの町に到着。

宿屋を見つけ泊まる。1泊3000テンゲと安かった

エアコン無しでバストイレは共同だったけれど

全然、快適だった。

外に行って食堂で適当に頼んだ

DSC03499.jpg

DSC03500.jpg

肉じゃがのような料理。旨い。

2017年8月1日、走行104.89km。
posted by yutaka at 15:00| Comment(0) | カザフスタン

国立公園内を走る


宿を8時頃出た

カザフスタンの人は本当に親切。

この宿へ着いたとき、外にいた若いお兄さんに

ここは宿?ときいたら親切に入り口を教えてくれたし

SIMカードを買いに外に出た時、またこのお兄さんが

「何か助けようか?」と言う感じで話しかけてくれたので

SIMカードを買いたいというと、付いてこいといって

近くの商店まで案内してくれて、買うまでずっと付き添って

くれていた。今日、宿を出る時も彼にあって

色々ありがとうとお礼をいって握手を交わした。

いや〜どっかの国とは大違いですな。笑

DSC03483.jpg

DSC03485.jpg

町の外れのモニュメント

なんかいい

DSC03486.jpg

DSC03488.jpg

日陰で時々休憩しつつ走る

DSC03490.jpg

時々道路沿いの小さい丘に動物のモニュメントが

DSC03491.jpg
1300mまで標高を登って

現れた水飲み場の標識。

最後の町コクタルから200キロ弱

ずっと町の無い、荒野を行く

途中で国立公園の領域を走る

向かい風に苦しみながら100キロ弱走って

疲れたのでキャンプ出来そうな場所を探した

時間は夕方5時頃

IMGP4100.jpg

IMGP4101.jpg

道路脇200mくらい右手に外れた乾いた川

沿いに日陰の大きな木があったのでここで

夕ご飯を作る

IMGP4107.jpg

飯くってたら駱駝がやって来た。

2017年7月31日、走行94.79km
posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年08月08日

ジャルケント2日目


ジャルケントでは2泊宿をとった。

久しぶりの新しい国。

ゆっくり走り始めてもいいじゃないか?

しかし、ビールが安いのが嬉しい

DSC03468.jpg

500ml缶一本150〜200テンゲ(51〜68円)

で美味しい。

あまり中国では楽しめなかった町ブラも

DSC03469.jpg

DSC03470.jpg

DSC03471.jpg

DSC03472.jpg

DSC03473.jpg


なんか素朴な感じがいい。

DSC03474.jpg

DSC03476.jpg

おっとお昼寝中ですか?

DSC03477.jpg

DSC03478.jpg

DSC03479.jpg

DSC03481.jpg

昼ごはんは町のマーケットの中にあった

シャシリク屋!

DSC03482.jpg

羊肉の串焼き。

これが一発で気に入る程旨い!

ビールが欲しくなる!

カザフスタンいいです!
posted by yutaka at 00:00| Comment(0) | カザフスタン

2017年08月06日

カザフスタンへ行こう!


朝、10時までホテルで待って出発した。

国境のイミグレーションオフィスの開始時間が

何時か分からないけれど、2時間遅れになるカザフ

側が、中国が10時なら、8時になるので

その時間ぐらいが妥当と思って出た。

DSC03470.jpg

入局管理の建物の前で両替商に残った100元あまりの

中国元をカザフスタンテンゲに交換した。

この両替商がどこから入るか教えてくれたので

その指示通りに建物右側の車両入り口から入って行く

DSC03471.jpg

どうやら未だ営業開始していない様。

それにしても国境だと言うのに活気がない。

結局1時間程待って11時過ぎに開門

他のツーリスト客(おそらくカザフスタン系中国人)

と一緒に手続きが始まった。外でパスポートチェックと

何やら顔写真?のスキャンをした後建物の中へ。

DSC03472.jpg

建物内で手荷物の赤外線チェックを受けて

出国審査へ

窓口で2〜3、英語で質問されたけれど、問題無く

出国スタンプをもらって外へ出た。

カザフ側へ行こうと走り出すと

軍服を来た若い係官2人に呼び止められ

パスポートを提示。

何やら意地悪な雰囲気を察知。

出国のスタンプはもらったし

もう何の義理も義務も無い中国。

すでにこの国から出ているのでそのままカザフ側

に行けば良いはずなのだが、彼らは色々難癖つけて

そこで待っていろという。

噂には聞いていたが嫌な感じだ。

最後の最後まで中国だった中国。

15分〜20分ほどいわれの無い足止めを

させられたが、しびれを切らして、英語で

もうカザフに行きたいんだけどと切り出し

なんとかアホな2人を納得させ先に進んだ。

いや〜中国。さすが中国。

やっとおさらば出来るぜ中国!!

DSC03473.jpg

中国側を出るとカザフ側のオフィスは直線上数百mにあるのに

何故か無駄に南に迂回させられ15〜20分程走らされ

DSC03474.jpg

カザフ側へ。

言葉は完全にキリル文字、ロシア語でさっぱり

だけれど、カザフ人、とても親切で丁寧に

迷ってる自分を察知して順路を教えてくれ

入国審査も簡単に済んだ。

荷物検査は全く無しだった。

 地続きですぐ隣であると言うのに

世界は一変した。

DSC03475.jpg

漢字は全く姿を消した

これは同じ隣国、ベトナムやラオスなどではいつまでも

中華系の移民や漢字が目についたけれど

カザフスタンに入ってから完全に姿を消して

道や建物も中国色は全く無くなった。

なんだか、アメリカやアルゼンチンといった

世界を彷彿とせせる景色。

人も顔を合わせると軽くうなずいたり

手を振ったりと感じがいい。

DSC03476.jpg

モスクや

DSC03477.jpg

バス停も絵になる

DSC03478.jpg

カザフに入ってから自転車乗りに2人も遭遇した

一人はドイツから走って来たドイツ人

これから中国へ行くという。

しばらく走ってジャルケントという町に

着いた、ここで宿を取って少し休む予定。

といっても2泊だけれども。

チェックインして町へ出る

スーパーマーケットは無いけれど

町の中心部には市場が展開していて

野菜や様々な食べ物、衣類、家電等が

売られていて見ていて楽しい。

何より人の感じがとてもいい。

DSC03479.jpg

目についた食堂でご飯を食べる

DSC03482.jpg

DSC03483.jpg

DSC03484.jpg

これで670テンゲ(227円)と安い

いや〜、カザフスタン楽しい予感だ。

何より感じがいい。

昨日までの世界は悪夢のようなくらいだったけれど

その分楽しませてもらいますぜ!!笑

2017年7月29日、走行48.45km。
posted by yutaka at 15:00| Comment(0) | カザフスタン