2011年03月15日

クカラチャ


クカラチャ。

スペイン語でゴキブリのこと。

船は海に浮かんでいる。

だから船なんかには存在しないと思っていた。

しかし、

初日に1匹の大きなゴキブリの死体が流しにあった。

そして、

1匹居ると言うことは・・・・。

当然。

キッチン近くのソファーの下。しまってある荷物を取り出そうとクッションを

どけた時。

カサカサカサ。

見てしまった。

料理は船長のダビが作る。男の料理。

キッチン周りも男の仕切る空間。

しかも、水がもったいないからと言う理由で

食後重ねられた食器の裏はしっかり流す必要はないという哲学の持ち主。

狭い船室内はキッチンのすぐ後ろは僕らが寝るベッドになる。

はぁ。

大のゴキブリ嫌いだった僕はこの旅でだいぶ鍛えられた。

今回は見つけたゴキブリにデコピンを食らわすほどだった。

しかし、せっかくの自分の城。

綺麗にして使ったら、いいのにと思った。

P1160364.JPG
posted by yutaka at 00:00| Comment(2) | カリブ海

2011年03月13日

英語



船長のダビはフランス人。

歳は33歳

英語も話し、ちょっと怪しいが流暢なスペイン語を話す。

彼の奥さんはコロンビア人。2児の父親。

そのためスペイン語は身についたし、英語は旅行者との会話で覚えていったと言うこと。


そして、一緒に旅をしたほかの5人。

一人は初老のイギリス人男性。

2人のオランダ人女性

2人のアメリカ人女性。


イギリスは英語。

当然、アメリカも英語。

そして、オランダは、知らなかったが母国語以外に英語もネイティブ級に話す。

教育や社会がそうなっているらしい。テレビでは英語が流れ。小さいうちから学校で教えるそう。


と言うことは、

全員英語ぺらぺら。

僕以外。

僕は、全く英語ダメ。

完全にアウェー

スペイン語のほうが分かるし、言いたいことが言えるが、

彼らの話の内容が、さっぱり分からん。

また、決意するアラウンドサーティーファイブであった。

必ず、スペイン語のあとは英語。

身に付けたるぜ!

P1160369.JPG
posted by yutaka at 00:00| Comment(3) | カリブ海

2011年03月11日

パライソ


パライソ。

スペイン語で天国と言う意味。

まさにそこはそうだった。

カリブ海に浮かぶサンブラス諸島。

絵に描いたようなやしの木が茂る島々。

どこまでも青く澄んだ青空に白い雲。

澄んだ水をたたえる海とサンゴ礁。

色とりどりの魚たち。

IMGP2038.JPG


まさにここはこの世の

楽園。
posted by yutaka at 00:00| Comment(0) | カリブ海