2018年09月27日

モザンビークビザ


翌日、モザンビーク大使館まで宿から歩いて

向かった。距離にして6キロ強。

およそ1時間半の散歩。

なかなか、知らない町を散歩するのも楽しい。

やっとの思いで大使館に着いて、門番にビザを

申請に来た旨を伝えると、入って良いよとあっさり

何のチェックも無い。ユル。

ウガンダで行った日本大使館はセキュリティチェックが

相当厳しかって、持ち込める携行品も限られてい

たと言うのに!

 モザンビーク、ユルし。。。

さて中に入って、職員に来た旨を説明すると、

あなたはマラウイに住んでいるの?

と質問が。住んでないと行ってパスポートを渡すと

パラパラめくって一通り目を通したあと、

だったら、国境でビザを取って。と言われた。

確認のため、国境で取れるのか?と聞き返すと

取れるから、取ってとの事。

は〜、本日のミッション終了。

事前情報だと大使館で取ると、20ドルで取れるが

国境でアライバルで取ると85ドル掛かると聞いていた

ので大使館で事前取得しようと思って来たのだが

当の大使館職員に国境で取れと言われては、

仕方が無い。ビザの取得に関しては仕組みが

ころころ変わるので、今は大使館では発行してないのかも

知れない。

 諦めて、帰る事に。

帰りはさすがにミニバスを拾った。

DSC03468.jpg

ショッピングモールで降りて食材や酒を買って

DSC03469.jpg

DSC03470.jpg


宿に帰って優雅に過ごした。

DSC03472.jpg

夕飯は宿の飯屋でいつものビーフシチューとライスの

セット

DSC03473.jpg

結局リロングウェのこの宿には4泊して

休養した。

が、2日目に何やら足がかゆくて、蚊に刺されたか!?

マラリアにかかるじゃないか!?

とおもって心配してたら、ズボンのすそから黒い小さな

物体が、、、、、

 よく見ると、南京。

出たよ。1日目は何ともなかったのに。

捕まえてガムテープで潰す。触った指の匂いを嗅ぐと

南京独特の匂い。やはり南京虫。(南京虫は

たしかカメムシ科の昆虫なので、カメムシの

ような匂いがする)

結局南京に2匹遭遇したがそれ以外は大丈夫だった。

被害も左足首と右手の手のひらの一部のみで済んだ。

さて、ここから出発して一路モザンビーク国境を目指す。

ビザの件はどうなる事やら。
posted by yutaka at 00:00| Comment(0) | マラウイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。