2018年09月17日

タンザニア最後の1泊


ムベヤで1日休養日を入れたけれど

特段、見所もある訳でもないただの町。

町だと物価がちょっと高かったり、ご飯屋さんが

なかなか無かったりと不便な事が多い。

その点、タンザニアの田舎町は素晴らしい。

大体、国道のような通りの両側に小さい町が

広がって、宿、飯屋、バーなど必要な物が500m以内

に集中している。宿は奇麗で安く、飯屋も安い。

この日は、ウヨルまで10km戻ってマラウイ国境方面へ

向かった。標高1600弱のムベヤから目指すは

最後の滞在先となるトゥクユと言う町。

途中2200mの峠を越える。

峠を越えて下ってからもアップダウンの多い

ザ タンザニアの道を攻略して

トゥクユの町に昼頃には到着。

小さい町で、幹線道路沿いにあった宿へ入った

DSC03485.jpg

15000シリング。蚊帳もついて部屋は少し

狭いけれど快適。標高1500m程と高いので

涼しい。

DSC03481 copy.jpg

昼ご飯、露天食堂、2000シリング(100円)也

町を散歩

DSC03482.jpg

DSC03483.jpg

小さくて素朴な山岳町

DSC03484.jpg

夕飯はバス乗り場の一角にあった路地を入った

所の食堂へ入った。

DSC03486.jpg

ここの中が汚い。そこら中を小さいゴキブリが闊歩する

客はそんな事おかまい無しに飯を食っている。

DSC03487.jpg

飯はうまかったが、うっかりゴキブリが入って

るんじゃないか?とちょっとビビっていた。笑

明日はいよいよマラウイへ向かう。

結局タンザニアはまるっと1ヶ月の滞在となった。

やっぱりハイライトは自転車に乗ってサファリツアー

出来たミクミ国立公園。あとは田舎町の宿、ご飯、ビール

の毎日。

 マラウイはどんなんだろう?
posted by yutaka at 13:00| Comment(0) | タンザニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。