2018年09月01日

向かい風を制し首都ドドマを目指せ!


翌日、薄暗いうちに出発。

外に出てビックリ、昨日来た方に雨雲が広がって

いて、進行方向にも雲が。

ほとんど毎日快晴だったので流れが変わったか?

と思っていた。

この日は道がほとんど真南に向いていたのと、天気の

せい?で午前中は風が凄く弱いせいか快調に走って

お昼頃、マニオニの町に着く頃に80km弱走れた!

町の食堂で昼飯

DSC03480 copy.jpg

DSC03479 copy.jpg

トラックドライバーも多く、食堂や商店が軒を連ねる

DSC03481 copy.jpg

その後、20km程走ったら村があって宿があると踏んで

走って来たけれど、宿、

無し。

さらに走る。マップアプリで見ると確実にあるとおぼしき

場所までさらに20km。

風は午後には復活していて、シンドい。

がヘロヘロになって何とか到着。宿もあった。

DSC03483 copy.jpg

今までで最安の5000(250円)だった。

DSC03482 copy.jpg

DSC03484 copy.jpg

夕飯を食べに集落をぶらっとする。

飯屋の見つけ方は、入り口付近に置いてある

手を洗う為のコックが付いたバケツと洗面器

コレがあったら食堂。

中に入って何か食わせて〜と英語で話す。

大体通じないが鍋を指差して

ご飯ある?ライスライスと言ってると

分かってくれて、その後おかずの鍋を見て指止しで

頼む。値段を聞かなくても相場は2000〜3500

(100円〜175円)くらいと安い。

この食堂のおばちゃんが、めちゃくちゃいい人だった。

俺の電話番号を聞いて来て、SNSで連絡とりたいと

言って来た。笑
 
外国人が珍しいのだろう。

確かに、自転車旅以外で外国人が寄るような集落

では無い。電話番号持ってないからゴメンと

断ったがいい人だった。

 中国人?と聞かれたので日本人と言うと

さらに喜んで握手。中国人はどの国でも

結構嫌われてるのかな?それとも日本ブランド?

と言うのは、東アフリカはほとんど走っている車が

日本の中古車。商売に使っていて店の名前が入った

商用車も走っている。

 そのあと町をぶらっとしてまたさっきの食堂の

前を通りかかったとき、さっきのおばちゃんが

若い男性と立っていた。

 ニコニコでコレが私の息子よと

息子を紹介してくれた。笑

旅の醍醐味は、地元民とのこういうふれあいの

中にある。

 明日も頑張ろう。

 
 翌朝、7時に宿を出発。

今日は首都ドドマまで86km程。

余裕で着けると思って意気揚々と出発!

が、昨日と打って変わって2時間も走ったら

向かい風が強風に変化。

絶えず耳元で風を切る音が轟々。

しかもダラダラと登るタンザニアに特徴的な

遠大な上り坂の連続でかなりしんどかった。

DSC03485 copy.jpg

バオバブの森。

DSC03487 copy.jpg

いや〜アフリカですな〜。

休憩の時に道の脇に入ってバオバブの木とともに

DSC03489 copy.jpg

パシャリ。

いや〜、アフリカですな〜。

地元民にはなんでもない景色。

でも自分の国や周りに無い景色は外国人には

異国情緒漂う景色になる。

日本で言えばなんだろう?

近隣の小さい神社やお寺とか。

 その後なんとか踏ん張って、ドドマへ入城。

ドドマは首都となってるが、最大の町はダルエスサラーム

なのでそんなに大きく無いようだ。

だが、首都らしく3階、4階だての建物があって

感動した。笑

DSC03490 copy.jpg

遅い昼飯。

DSC03491 copy.jpg

ここで3泊。休養の予定。
posted by yutaka at 20:00| Comment(0) | タンザニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。