2018年06月10日

テスト峠まで86キロ


翌朝6時過ぎに宿を出た。

ネットも無いし、する事も無いし、朝5時半頃には

もう辺りは明るくなるので早めに出る事に。

宿のおやじさんが起きて来て敷地の門の扉を

開けてくれ、良い旅を!と言ってくれた。

峠のてっぺんまでここアスニの町から86km。

アスニが標高1200m、峠が2100m。

高低差900mだが、アップダウンが予想される。

しかし、走れない距離でないし、スタートも早いので

走ってみる事に。

DSC03481.jpg

アスニをでていきなり下りが始まる

!?

なんで下るんだよ!?と思いながら結構気持ちのいい下り坂。

950mくらいまで下がって、その後はのらりくらりと

登り下りを繰り返す。

DSC03483.jpg

天気は気持ちのいい快晴だ。

DSC03485.jpg

途中小さな町を通って走る。

DSC03487.jpg

商店で牛乳やら水やらを購入。

DSC03488.jpg

最後の登りが始まる手前の道路脇の木陰で

珈琲を淹れてカフェオレとクッキーで

昼休憩。

GOPR2693.jpg

最終決戦。

GOPR2694.jpg

GOPR2695.jpg

ダラダラと登り下りを繰り返して来た道も

ずーっと登りに転じる。傾斜はそれほどキツくない

のでいいんだけど、距離がすでに70キロ強、

アップダウンを繰り返して走って来てるので

お疲れ気味。

GOPR2696.jpg

遥か下方に登って来た道が見える

GOPR2697.jpg

GOPR2698.jpg

峠越えの醍醐味はその、登って来た道を見下ろす景色。

なんとか

DSC03489.jpg

峠の茶屋に到着。

ここは宿とキャンプ場もやっている様。

DSC03491.jpg

疲れたのでここで泊まって行こう。

と、キャンプの値段を聞くと50ディラハム。

ならキャンプします。と言うと、部屋もあるけど

見てみないかと誘われ山荘の様な宿の部屋を案内され

夕飯と朝飯付きで400ディラハム(4700円)と

高い。ので却下。

キャンプしたいと言うと300に友達価格でしてあげる

と言う。あんたと友達じゃ無いぜ。と思いながら。

3500円か。外は風が強いし。

飯ついてなら良いかと思って

部屋に泊まる事に。アトラスも最後だし

ご褒美に。

とりあえずオレンジジュースを休憩所で頼んで

DSC03492.jpg

一服した。欧米人の夫婦が車でやって来て

モロッコ茶を頼んでいた。彼らが英語で話しかけて

きたのでしばし談笑。

旅の話をしたら喜んでくれた。

その後部屋に荷物を運んで部屋でシャワー。

夜7時の夕食までマンガでも読んで過ごした。

DSC03493.jpg

夕飯はモロッコサラダとオムレツとパン

DSC03494.jpg

まあ、値段相応って感じはしなかったが

飯が食べられればオッケー。なかなか旨かった。

夕飯時、宿の人がカサブランカのビールが有るぜ

と言って来た。ビール!??

マジで?!!

と思って見に行くと確かに缶ビール。

モロッコ産のビールだと言う。

酒作ってるくせに売ってるとこ少ないし

ラマダン中は売ってない。

謎だ。

 このビール330mlが驚愕の一缶40ディラハム

(470円ほど)?!!高。

ずーっと飲んでないし、峠越えたし。。。

と思って、誘惑に負け、2本もご購入。

いや〜今日は散在したなあ。

夜になって風が強くなって来た。

テントでも良かったけれど、今日は

ベッドで寝て疲れた体をいたわってあげよう。

久しぶりのビールで祝杯を挙げて。




posted by yutaka at 18:00| Comment(0) | モロッコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。