2018年06月04日

ラマダン中のカスパ街道を行く


翌朝8時過ぎに宿を出る。

ラマダン中はみんな夜更かしをする為なのか?

宿の受付のお兄ちゃんも未だ寝ていた。

叩き起こして、鍵を返して入り口のドアを開けてもらう。

未だ町は動き出していない。

相変わらずの雲一つない晴天。

DSC03484.jpg

砂漠の中の一本道を行く。

昨日泊まった町はバラ製品が特産で

バラ製品を扱った土産物屋が目立った

今日の道中でもたまーに現れる商店

土産物が売っている。商売熱心なモロッコ人は

各国の観光客向けに多言語で表記してあって

DSC03486.jpg

日本人観光客も顧客のようだ。日本語の表記が。

DSC03487.jpg

砂漠のヤシの木は異国情緒たっぷり。

DSC03488.jpg

DSC03490.jpg

写真撮影していたら対向車線をサイクリスト

が走って来た、アラブ人のように頭にターバン

撒いて顔も覆っていたので最初地元民かと?思ったが

載っている自転車がツーリング仕様のマウンテンバイクで

タイヤが3インチ以上あろうかと言う極太タイヤを履いている

コレは欧米人だとすぐ分かった。話しかけられてしばし

歓談。フランス人のセバスチャン。短期でモロッコを廻ってる

とのこと。以前には4年世界旅行に自転車で出ていたと言っていた。

ヨーロッパは仕事していても長期休暇が月単位で取れるので

羨ましい。日本で勤め人していたら1週間でも休暇とるのが難しい

位だと言うのに。。。

DSC03491.jpg

GOPR2678.jpg

GOPR2677.jpg

その後順調に走って

DSC03492.jpg


ワルザザードへ

DSC03493.jpg

DSC03494.jpg

町の入り口に宿を発見して

値段聞いてみたら100との事

で即決。

DSC03472.jpg

部屋は最上階の5階だった。荷物を3往復して

運んで、とりあえず飲み物を買いに出た

時間は3時頃。

ブラブラしていたら、観光地だからか?外国人相手に

営業しているレストランを見つけた、メニューの

値段を見てもチキンタジンが35とそんなに高くない。

ラマダンで日中の飲食は諦めていたけど、

思わぬところで昼食タイムに

DSC03495.jpg

チキンタジン

DSC03496.jpg

当然猫さんも待機。

DSC03499.jpg

アピール。

部屋に戻って夜まで洗濯、シャワー、ゆっくり

と過ごす。

8時頃、お腹がすいて再び昼に行った食堂へ

DSC03469.jpg

カフェオレ

DSC03471.jpg

とケバブ。

会計の時昼間居たおっちゃんが自分の事

覚えていてくれて、

また来てくれてありがとう!

としきりに喜んでくれた。

明日からアトラス山脈越え第2弾!


posted by yutaka at 18:00| Comment(0) | モロッコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。