2018年02月11日

セルビア走行


翌朝8時前に宿を出る。

セルビアに入ってから時差がまた1時間早くなった

いままで8時過ぎごろ明るくなっていたのが

7時過ぎには明るくなるので午前中の走行を伸ばす事が

できるので有り難い。

ルートはピロトの町を出てレスコパツ方面へ

ローカルロードの山道を行く

路肩は完全に無くなって、対面通行片側1車線

の道だけど、交通量が少ないので走り易い

DSC03468.jpg

DSC03469.jpg

こんな小さな村がいくつも現れる道

DSC03470.jpg

今日も快晴!

DSC03471.jpg

DSC03472.jpg

朝は氷点下まで冷え込んで、早い時間は未だ

寒いけれど、太陽が昇って照りつけ始めると

気温も2桁まで上昇する。

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

DSC03476.jpg

わき水が出ていた。


DSC03478.jpg

ベトナムでも全く同じ標識を目にした。

町始まりますよの標識と

DSC03479.jpg

終わりますの標識。

旧社会主義国家だったからか

社会主義の国の遺伝子か。。

 
 ちょっとしたアップダウンの多い山道を

昼頃には抜けてレスコパツという町へ出る手前で

道は高速に合流した。

自分はこの後マケドニアへ向かうので

レスコパツには向かわないで南下する。

路肩の広々とした快適な高速を走る

途中、高速が工事中で、ローカルロードに

合流して路肩の無い片側1車線の交通量の

多い道を走らされる。こういう道は神経を使う

けれど、セルビア人の運転はとても親切で

大きくハンドルを切ってよけて行ってくれるので

安心して走ってられる。コレがトルコなら走ってられる

かも怪しい。笑

ローカルロードを走って行って

再び高速が現れた頃に

115キロほど走っていた

この辺りに調べておいた宿をみつけ

入った。

 シングル15ユーロだという15ユーロだから

2000円くらいか。ま、よしとしよう

 ここの宿のオーナーのおばちゃんがすごく感じがいい

英語も少しだけ話せるのと言って良くしてくれた

ここのレストランで夕飯。

DSC03480.jpg

オマカセで頼んだ

セルビアのサラダ。

このパプリカの漬け物がとても旨い

DSC03482.jpg

肉料理も良かった。

明日はセルビアを抜けてマケドニアへ。

2018年1月31日、走行115.08km。
 
posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | セルビア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。