2017年02月18日

首都ハノイへ



宿を8時頃出て

DSC03589.jpg

ハノイを目指す。

実は、以前南米を旅した時にアルゼンチンのウシュアイアで

知り合った旅人が丁度ハノイへ10日にやってきてゆっくりするので

会いましょうとの連絡を中国走行時にもらっていた。

ハイフォンからハノイまで100キロ。

1日の丁度良い距離。

それにベトナムはビザ無し滞在日数が15日なので

南北に走るには無理だが、東西へ抜けるには8〜9日あれば

抜けられる。が、方々であまりのんびりもしていられない。

物価も安く、中南米の雰囲気に似ているので居心地が良いのだが。

でも、ここまずっと深圳から毎日移動日だったので

ハノイで数泊ゆっくりする予定だ。

ハイフォンからのびるAH14号を走る。

大きな片側2車線の道路、路肩もバイク用に広く

交通量も郊外となるとそれほど多くなく走りやすい。

ずっと町が途切れずに何かしら出てくるので

補給もし易く、走れる。

ベトナムで商店で水を買ったりすると

結構な確率で一服して行けと、ベトナム茶やバナナを

進められる。言葉が話せれば良いのだが、いかんせんさっぱり

なので進められるがままにお茶を飲んでるといくらでも

居られそうなのだが、間が持たなくなる。

し、善意はありがたいのだが、1日の工程も有るので

うまく切り上げてありがとうを行って走り始める。

しかし、この国民性、本当にすごいなあと思う。

知らない外国人にお茶飲んでけと行ってもてなす。

言葉も通じないのに色々ベトナム語で話してくる。

自分も見習おうと思う。


さて、昼過ぎ70キロ程走ったろうか?

いくつも飯屋が現れて消えて行ったが、

そろそろお腹が減った。

と出てきた飯屋に入った。

初めておかずを色々選んで食べるスタイルの食堂

で食べたがコレが美味しい

DSC03590.jpg

蠅が一杯飛んでいてとても慣れないと気分が悪いかも

知れないが、僕は旅行者だからそうそうのことは気にならない

大体相場が30000ドン前後と聞いていたので、

ここは40000だったがそれでも200円くらい。

お腹もいっぱいになったところで後30キロちょい。

町が近づくと車、バイクの交通量も増えてきた。

目星を付けておいた宿は中心部のホアキエム地区にあった

ごちゃごちゃした町中、狭い路地がいくつも交差して

建物がどれも間口が狭く上に高い。

宿をやっと見つけ、チェックインしようとしたが。

自転車は外に止めてくれと言われた。

それは出来ないと思い宿内のスペースに他の自転車やバイクが

置いてあるがここは駄目なのか?

と聞いたが、それは家主の持ち物で。。。

との返事でNOだったので、あきらめて他の宿を

探すことに。周りの建物を見ても細長い建物ばかりで

どこもスペースが無いようだ。コレはどこも同じなのかもなあ

とこの地区が中心街であるのでしかたないのかなあと思いながら

当ても無く探していたところ飛び込んでき1軒の宿で

話す。やはり自転車は外に停めてくれと。ただ、ロックが有るから

といって外に停めてあるバイクと一緒にロックして、夜間は

建物内に入れるからとのことだったので信用して泊まることに

少々2300円と高かったが、ま、よしとするか。

と荷物をエレベーター無しの最上階の5階の部屋まで2往復。

一息ついてから町へ晩ご飯に

目に留まった昼に食べたおかずを選んで食べるタイプの飯屋に入る

3品選んで席に着く。

おばちゃんが運んできて、「ナインティ」

と連呼している。どうやら90000ドンだ

ということらしい。明らかに高い。

といっても450円くらいだが、

相場は30000前後よって2〜3倍の額

ここはハノイでも中心部、町は各国の観光客で溢れ

お金を明らかに持ってそうな白人の老人たちも多い

日本でも観光地価格というのがあるので何とも言えないが

明らかに昼に食べた内容とほぼ同じの飯が2〜3倍の値段。

確かに地方と都会の所得の格差もあるだろう。

しかし、他の現地人らしき人間は後払いで食事後に

払っているのを目にした

それを先払いで90000と言ってきたのは

おばちゃん、人を選んで値段を設定してないかい??

一律90000ならそれはそれで良いと思う

一番気に入らないのは、同じ内容で人によって

価格が変わるなんていうこと。

言葉が話せないし、高々、250円の差だし、

大袈裟に騒ぐこともしないけど、

それで平気で居られる心が貧しくあさましいなあと思った。

それでもうけたお金で自分の家族の為にせいぜい大切に

使ってくれればそれで良い。

 DSC03591.jpg

その後再び待ちブラ

また、サンドイッチ屋を発見。

こういうところは値段が書いてあるので良心的

店のお姉さんも人が良さそう。

DSC03592.jpg

しかし、自転車乗り始めると食欲が半端ない。

その後町ぶらして、欧米人が入りそうなおしゃれな

しっかりしたレストランで外にあったメニュー表を

みて何のメニューか忘れたけど98K(98000ドン)

と書いてあった。あの大衆食堂の90000ドン

明らかにぼったくり価格。笑

本日の走行105.42km。


posted by yutaka at 16:00| Comment(0) | ベトナム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。