2016年12月26日

旅立ち


今日、いつも通りに朝起きた。

いつも通り、朝食をとり

いつも通り身支度を整える。

いつも繰り返されてきたありふれた日常。

師走も大詰めだが、今日は月曜日。

父親は、仕事へ行く準備。

母親は父の弁当作りや家事を淡々とこなしていた。

が、今日は、そんないつもな毎日がそうでなくなる

日だ。

 そう、今日は新しい旅立ちの日。

普段、ほとんど会話の無い親父が言う。

『今日、出てくのか?』

『気をつけて行ってこい』

『いつでも戻ってこいよ』

と。

母親も心配してるだろうが、気丈にも

明るく、見送ってくれた。

いざ、支度をして、愛車に跨がって漕ぎ始めるまで

なにか、もやもやとした不安な気持ちで一杯だった。

8年前もそんな気持ちでいただろうか?

あれからもうそんなに月日が流れたのか?

あの頃は、自転車で世界を旅するなんて言う夢のような

話に浮かれて、それどころでは無かったような気がする

旅が終わって4年10ヶ月。

それから、また、旅のスタート地点に戻ってこられた

ことをとても感謝している。

やりたいことをやりたいのに、出来ないで人生を終える

人間も居る、そんな中、僕はやりたいことが、色々

な条件や、協力のおかげで出来るところに立てている。

 今日はそんな、記念すべき日。

実際の日本出発は29日、大阪。

その始まりの地まで自宅から

チャリで走って行くことにした。

今日は、先ず凡そ100キロ先の滋賀までの予定

P_20161226_072223.png

この旅のため新しく新調した装備品を全部詰め込んで

出来上がった相棒の勇姿。


先ずは20キロ程走って

お隣の岐阜市のJR岐阜駅へ

P_20161226_092058.png

金の御館様(信長公)像をバックに。

午前中、順調に走って、

垂井町までやってきたここまで50キロ。

朝、7時半に出てきたから大分距離も稼げた。

それに、先の小田原行きでかなり体が出来ていた

ようだ。昼食を相川という川のほとりで

インスタントラーメンを作って食べ。

午後も旧中山道をメインに走って順調に

進む。

 今日の最大の目的は、以前お世話になった

多賀町という彦根のとなりにある街の蕎麦屋

さんで、ちょっと早いけど年越し蕎麦を食べる

こと。

 3時そこそこに無事目的地へ。

しかし、体ができているのか?軽いし疲れないし、踏み込める。

さてさて、早速、お蕎麦だ、お蕎麦だ。

P_20161226_150324.png

大将の店、そば吉。

先ずはもりそばの大盛りを丼に、天かすを

もらってぶっかけで。
 
 メニューには無いが、いつもこのスタイルが好きで

ぼくは頼む。

おくさんや大将と

旅の話や、身の回りの出来事を話し込む

おかわりで

これ

P_20161226_152236.png

大好きな鴨南蛮そば。

美味しい年越し蕎麦になった。





posted by yutaka at 21:41| Comment(1) | 日本
この記事へのコメント
出発おめでとうございます!この日がやって来るのをを何度、夢見た事かと思います。悔いの無い様、頑張って下さいね!一ファンとして応援してますよ!チンタラ走っていたら、追い抜いちゃいますよ!(笑
Posted by masashi at 2016年12月27日 04:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。