2018年06月18日

西サハラ走行


ボジュドゥール以降、先に滞在で来そうな町がダフラとビズガンドゥース、

そして国境の町しか存在しない。国境まで640km程。

途中、ちょこちょこ商店やレストラン併設のガソリンスタンド

があるのでそこを繋いで走る事になる。

ずーっと今まで1ヶ月、ラマダンが重なって結構厳しい

走行になって、楽しさが半減以上していた。

が、そのラマダンも14日で終わる様。

あすからだ。

更新が途切れると思いますが町が希薄なルートの為なので

ご理解を。
posted by yutaka at 12:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月16日

西サハラへ


ティズニットを出て7日間、休憩日も

1日入れて走行6日で550km程走って

西サハラへ入った。

サハラ砂漠は既に、ティズニットぐらいから

始まった。

DSC03469.jpg


DSC03471.jpg

最後となるアトラス山脈越えも

標高が1000mと低くなった。

DSC03472.jpg

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

DSC03476.jpg

DSC03478.jpg

DSC03480.jpg

駱駝注意の看板

DSC03481.jpg

タンタン町の入り口の駱駝のモニュメント

DSC03482 copy.jpg

ルートは大西洋を見ながら走るルートに

DSC03483.jpg

DSC03485.jpg

DSC03488 copy.jpg

DSC03488.jpg

DSC03490.jpg

DSC03494.jpg

DSC03497.jpg

DSC03502.jpg

GOPR2709.jpg

GOPR2713.jpg

GOPR2716.jpg


GOPR2725.jpg

GOPR2728.jpg

GOPR2730.jpg

ラアユーンという西サハラ最大の町に到着。

ここで2、3日休む予定。

サハラ砂漠は広大で、西サハラはラアユーンが

かなり北の方に位置する。

モーリタニア国境まで900km。

そしてセネガルの首都ダカールまで1900kmほど

と未だ未だ遠い。

ラアユーン以降、モロッコ側は200km先のボウジュドゥール、

その後が550km先のビズガンドゥーズ。となる。

その間、ガソリンスタンドやレストランなど

補給地点が点在するのでそれらを繋いで走る事になる。

posted by yutaka at 00:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月13日

ティズニットへ


タルーダントを出てアガディール方面へ向った。

70キロそこそこでアガディール手前の町アイト・メルー

についた。宿を探すもなかなか見つからず

郊外にモーテルを発見し入った。

宿の受付の若い女性は英語を話した。

200と少々高かったが、部屋は広くてめっちゃ奇麗で

エアコン、Wi-Fiもある。

久しぶりにWi-Fi接続環境があるので良しとしよう。

ラマダンで飯屋が開いていないので、外に出て

ブラブラしていたところに現れた市場でトマトを

買って他に牛乳や水を買って宿に戻った。

DSC03514.jpg

宿に居た猫

DSC03515.jpg

夕方までネット仕事、調べものして、

お腹が減って来たので部屋で自炊。

DSC03468.jpg

旅人の強い見方、MSRのドラゴンフライ(ガソリンバーナー)

音はうるさいので使う場所を選ぶけれど

こういう時は重宝する。

翌日は朝7時過ぎに出て

80km弱先のティズニットへ向かう。

アイト・メルーからしばらく民家などが

続いたがそれを過ぎたら、荒野になった

DSC03469.jpg

風が西から吹いて少し向かい風気味で走りにくかった。

木々も西風を受けて東方向へ倒れているので

いつも西風が吹いているのだろう。

DSC03470.jpg

なんとかティズニットに到着。

入り口にあったホテルに入って値段を聞くと

1泊60(700円)とのこと。

安いので嬉しい、体も疲れたので2泊する事に。

ついた日はスーパーマーケットで食材を買って

部屋でネットしたりダラダラ。

翌日は9時過ぎまでネット。

その後、出かけて町を散歩。

DSC03471.jpg

DSC03472.jpg

旧市街の入り口

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

DSC03475.jpg

タジン鍋を大量に売っている

DSC03476.jpg

DSC03477.jpg

反対側の入り口まで歩いた。

DSC03478.jpg

何と!珈琲の自販機が1杯40D(50円弱)。

DSC03479.jpg

市場で野菜を買い、スーパーで明日以降の

食料品の買い出し。

部屋に戻って遅い朝食兼昼食。

ネットしていたら枕に何やら動く黒い物が

良く見たらなんと!南京虫!

そー言えば昨日夜中に手がかゆくなって掻いていた

のを思い出した。蚊がいたので蚊の仕業と思ってたけれど

こいつか。と、1匹退治。

被害状況から言って、たくさん居る訳で話さそう。

1匹か数匹??

それか、自分は南京に耐性があるのか?刺されても

4日くらいで痒いのが収まるし、そんなに痒くない。

それよりも以前、中国の四川、東チベットの標高3000m

位でキャンプした場所に居たブヨ?見たいな虫に足を左右、

太ももからふくらはぎ全般にわたって刺された

時は本当に2週間くらい燃えるように痒かった。

あれに比べたら全然マシだけど、今日もこのベッドで

寝なければ行けない。笑。

まあ、服で覆われている場所は刺されないので

長袖長ズボン、靴下、手袋着用で寝れば何とかなるか。。

しかし、いままで旅して来ていろんな宿泊まったけど、

モロッコに来て初めてだなこんな事は。

さすがアフリカ大陸?

 明日は再びアトラスの西端を越えて西サハラを

目指す予定。

posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月11日

ご褒美ダウンヒル


翌朝朝食は8時にしてくれと宿の人に頼まれた。

宿屋の人間は早く起きられないのはモロッコの常識。笑

朝、7時までベッドでゴロゴロしていて

8時前まで出発の支度。

DSC03497.jpg

ちょっと風が吹いているが気持ちのいい晴れだ

DSC03499.jpg


DSC03500.jpg

8時に朝食に向かう

案の定、宿の人間は2人居て、年長の方は未だ寝ていた。

若い方の宿の従業員が出て来て朝食食べる?

と聞いて来たのでお願いする。

DSC03503.jpg

搔き込んで8時半過ぎ

お礼を言って

部屋に戻って自転車と荷物を出して出発

DSC03504.jpg

DSC03505.jpg

ここから正に下りが始まる。

GOPR2699.jpg

少し下って下を見遣ると

グニャグニャと曲がって幾重にも続く

GOPR2700.jpg

つづら折りの下り坂。

GOPR2702.jpg

GOPR2704.jpg

絶景だ。南側からの方が登りが急峻の様だ。

DSC03507.jpg

ご褒美タイムである。

GOPR2705.jpg

GOPR2706.jpg


3度アトラス山脈を縫うように越えたけれど

この最後の峠が一番爽快な眺めだった。

GOPR2708.jpg

その後30km程下り坂が続いて

後はフラット。向かい風が強い中残り60km

走ってタルーダントの町に着いた。

宿が沿道沿いに見つからなかったので

旧市街の中に入って行って見つけた宿に投宿。

DSC03513.jpg

夕方まで洗濯したりシャワー浴びたり

雑務。

ラマダン中でまだ飯屋はやってないので

商店でフランスパンを買って

部屋で自炊。

DSC03511.jpg

いや〜、ダウンヒルがメインだったが

向かい風で意外に疲れた1日だった。

posted by yutaka at 10:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月10日

テスト峠まで86キロ


翌朝6時過ぎに宿を出た。

ネットも無いし、する事も無いし、朝5時半頃には

もう辺りは明るくなるので早めに出る事に。

宿のおやじさんが起きて来て敷地の門の扉を

開けてくれ、良い旅を!と言ってくれた。

峠のてっぺんまでここアスニの町から86km。

アスニが標高1200m、峠が2100m。

高低差900mだが、アップダウンが予想される。

しかし、走れない距離でないし、スタートも早いので

走ってみる事に。

DSC03481.jpg

アスニをでていきなり下りが始まる

!?

なんで下るんだよ!?と思いながら結構気持ちのいい下り坂。

950mくらいまで下がって、その後はのらりくらりと

登り下りを繰り返す。

DSC03483.jpg

天気は気持ちのいい快晴だ。

DSC03485.jpg

途中小さな町を通って走る。

DSC03487.jpg

商店で牛乳やら水やらを購入。

DSC03488.jpg

最後の登りが始まる手前の道路脇の木陰で

珈琲を淹れてカフェオレとクッキーで

昼休憩。

GOPR2693.jpg

最終決戦。

GOPR2694.jpg

GOPR2695.jpg

ダラダラと登り下りを繰り返して来た道も

ずーっと登りに転じる。傾斜はそれほどキツくない

のでいいんだけど、距離がすでに70キロ強、

アップダウンを繰り返して走って来てるので

お疲れ気味。

GOPR2696.jpg

遥か下方に登って来た道が見える

GOPR2697.jpg

GOPR2698.jpg

峠越えの醍醐味はその、登って来た道を見下ろす景色。

なんとか

DSC03489.jpg

峠の茶屋に到着。

ここは宿とキャンプ場もやっている様。

DSC03491.jpg

疲れたのでここで泊まって行こう。

と、キャンプの値段を聞くと50ディラハム。

ならキャンプします。と言うと、部屋もあるけど

見てみないかと誘われ山荘の様な宿の部屋を案内され

夕飯と朝飯付きで400ディラハム(4700円)と

高い。ので却下。

キャンプしたいと言うと300に友達価格でしてあげる

と言う。あんたと友達じゃ無いぜ。と思いながら。

3500円か。外は風が強いし。

飯ついてなら良いかと思って

部屋に泊まる事に。アトラスも最後だし

ご褒美に。

とりあえずオレンジジュースを休憩所で頼んで

DSC03492.jpg

一服した。欧米人の夫婦が車でやって来て

モロッコ茶を頼んでいた。彼らが英語で話しかけて

きたのでしばし談笑。

旅の話をしたら喜んでくれた。

その後部屋に荷物を運んで部屋でシャワー。

夜7時の夕食までマンガでも読んで過ごした。

DSC03493.jpg

夕飯はモロッコサラダとオムレツとパン

DSC03494.jpg

まあ、値段相応って感じはしなかったが

飯が食べられればオッケー。なかなか旨かった。

夕飯時、宿の人がカサブランカのビールが有るぜ

と言って来た。ビール!??

マジで?!!

と思って見に行くと確かに缶ビール。

モロッコ産のビールだと言う。

酒作ってるくせに売ってるとこ少ないし

ラマダン中は売ってない。

謎だ。

 このビール330mlが驚愕の一缶40ディラハム

(470円ほど)?!!高。

ずーっと飲んでないし、峠越えたし。。。

と思って、誘惑に負け、2本もご購入。

いや〜今日は散在したなあ。

夜になって風が強くなって来た。

テントでも良かったけれど、今日は

ベッドで寝て疲れた体をいたわってあげよう。

久しぶりのビールで祝杯を挙げて。




posted by yutaka at 18:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月09日

三度目のアトラス山脈越えへ


昨晩、同室の23歳が夜遅くまで戻らなかったので

宿の管理人がしきりに心配していたが、

夜10時過ぎにモロッコ人の女の子と一緒に一旦

戻って来てまた出て行ったと行っていた。

その後深夜に戻って来たと言っていた。

自分が起きたときは、彼は寝ていた。

おそらく今日も延泊だろう。

酒も買えないし夜遊びに行ってもつまんないのに

良くやるな〜。と思って、自分は3泊でマラケシュ

を後にする。

この日は50km程南にあるアスニと言う町まで

走った。たった50kmだったけど、マラケシュから

700m程を登る山道ルート。

DSC03475.jpg

標高1200mまでダラダラ50km掛かって

登ったところにある本当に小さな町に

ユースホステルがあるとマラケシュのホステルの

管理人が言っていたので、ここで投宿して

翌日アトラス山脈越え第三弾に備える事に。

DSC03476.jpg

地図アプリで調べておいた場所にホステルの看板。

中に入って話をすると1泊30ディラハム(350円)という

激安の価格。しかし、建物はボロく、シャワーも水シャワー

トイレは歩いて300m程行った裏にあるという物件

だったがこの町に他に宿は無いようなので1泊お願いする事に

DSC03477.jpg

町をブラブラして飲み物を買って部屋に戻る。

牛乳を買って来たので、

マラケシュのスーク(市場)で購入した電熱コイルを

使ってお湯を沸かしてドリップ珈琲を入れて

カフェオレを作る。コレが最近のマイブーム。

カフェオレが旨い。

夕方になってお腹がすいて来たので、部屋で自炊。

DSC03478.jpg

DSC03479.jpg

ラマダン空けは大体PM7時半頃でその後、食堂が開く

それまで待ってられないので最近は自炊が多い。

GOPR2692.jpg

部屋はドミトリーだが、こんな辺鄙な町の

辺鄙なユースに来る客は居ないので自分一人で

使えた。が、なぜか掛け布団が無い。笑

さて、明日はいよいよアトラス山脈越えの3回目

テスト峠を目指す。

posted by yutaka at 10:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月08日

ラマダン中のマラケシュ


マラケシュでは新市街にあるユースホステルに投宿した。

メディナ(旧市街)内にある宿の方が観光するのには都合が

良いかも知れないが、以前フェズで宿を探したときの教訓を

生かして、新市街の窮屈でないホステルに滞在する事に。

宿はドミトリーのみで1泊70ディラハム(820円程)で

ネットは遅いがついているし、何よりやる気の無い宿か?

今時、ネット予約を受け付けていないし、宣伝もしていないので

お客がほとんど来ない。ので快適だった。

自分が行った時はこんな辺鄙な宿に日本人の23歳の男性の

バックパッカーが一人居たのみだった。

聞くと、すでにここで6泊もしているという。ちょっと風変わり

な人だった。彼は毎日、昼まで寝ていて起きると、外出、

聞くと、カフェに行ってぼーっとしていると言う。

夕方には戻って来て、夜中の12時過ぎまで、ネットしてるのか?

読書でもしてるのか?過ごして寝る。という毎日を繰り返して

6泊らしい。笑

毎日、明日、フェズへ行くと言いながら、翌朝起きられずに

延泊を繰り返している。

さて、自分は初日、ある事を確かめにスーパーマーケットの

カルフールへ向かった。

ある事と言うのは、アルコールの販売。

ラマダンまっただ中になってしまったため、普段アルコール

を販売しているカルフールも販売を停止してるという。

コレが本当なら、向こう1ヶ月弱酒が飲めない。

大都市に来たときはコレが楽しみで走って来たのに

飲めないではつまんないからである。

宿から歩いて3キロ程。

カルフールの店舗の中に入ってグルグルと見回す。

と、噂通り!アルコールコーナーの前には山積みの

他の商品。完全にしまっている。

ん〜。がっくり。

仕方が無いので夕飯の惣菜をや牛乳を買って帰った。

翌日、観光。旧市街へと足を伸ばす。もちろん徒歩で。

DSC03468.jpg

旧市街の入り口。

DSC03469.jpg

相変わらず、メディナ内は迷路のように路地が入組んで

様々な店が軒を連ねる。

DSC03470.jpg

観光客で賑わうフナ広場。

DSC03471.jpg

時間も早いせいか食堂もやっていないところが多い。

というか、ラマダンの影響なのか???

DSC03472.jpg

広場の一角で路地を直す人々。

DSC03474.jpg

馬車が結構欧米人を中心に観光客向けで待機して

いる。が、馬車の周りは馬のおしっこや大便の匂いが

酷い。蠅もぶんぶんと飛び交って、馬は自由を奪われ

立たされて、拘束されて、糞尿垂れ流しの刑で可哀想。

仕方が無いので、スターバックスへ行ってカフェオレと

チョコパンで小腹を満たし、宿のネットが超激遅なので

Wi-Fi接続して時間を過ごす。どこか安くてネットがある

宿を探して廻るも、新市街は宿が高級店は多いが安宿が

少ない様。この日もカルフールに帰りに寄って夕飯の種

を買って帰った。

翌日は休憩日に当てて、近隣のスーパー以外はどこも行かず。

昼は宿の庭で自炊。

お昼頃起きて来た同室の23歳は今日も延泊。

日課のカフェ?へ出かけて行った。

3泊だけど、酒も買えないし、ラマダンで安い食堂も

日中は営業しない。旅の醍醐味の大きな一つ、食の楽しみ

を奪われ不便極まりなくつまんないのでマラケシュを後に

駒を進める事に。
posted by yutaka at 16:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月06日

2回目のアトラスを越えてマラケシュへ


ワルザザードを後に2回目のアトラス山脈を今度は

北西方向に越えてマラケシュを目指す。

特にマラケシュには興味が無いが、

ひょっとして、大型スーパーマーケットの

カルフールでお酒が買えないかと思って(

ラマダン中は酒の販売が禁止になるとかならないとか)

と、峠越えがメインのマラケシュ行きである。

200kmの道のりを2日で進んだ。

ワルザザードを出て郊外に

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

アトラススタディオとCLAスタディオという

世界最大級の映画スタジオがあった。

何でもアラビアのロレンスやアレクサンダー、

ハムナプトラシリーズなどの撮影も行われたという。

ほ〜。

朝、行動食を買い損ねて水だけでしばらく走る。

DSC03475.jpg

ちょっとした峠。

DSC03476.jpg

途中の集落の商店で補給。


初日は70km弱走ってアゴウイムという

小さな町に宿を取った

1軒しか無い宿が作ったばかりなのか?客が少ないため

か150ディラハムと少し高かったけれど、

部屋もバスルームも広く奇麗で、ソファまで完備してあって

快適。しかし、ネットは無い、残念。

ラマダンで夜しか食堂がオープンしないので、

肉屋で牛肉を買って、宿で自炊。

DSC03477.jpg

牛肉スープ。

翌朝、7時に宿を出る。

もう、朝5時半頃から明るくなる。

今日はマラケシュまで行けたら行きたい。

130km走らないと着けないが。。。。

峠越えが2回あるルートだが。。。

とりあえず標高1700mからダラダラと登る事

途中小さい集落や、土産物屋、レストランを

DSC03478.jpg

見かけるが、飯屋、カフェは営業してないっぽい。

ラマダン中は面倒ですな。

DSC03481.jpg

20km程走って2200mまで登って

峠。

DSC03483.jpg

DSC03484.jpg

DSC03485.jpg

結構な絶景

DSC03486.jpg

DSC03487.jpg

てっぺんに茶屋と土産物屋があって

DSC03490.jpg

ここで休憩。

DSC03491.jpg

カフェオレ

だが、標高が2000を越えて風が冷たくて少々寒い。

DSC03492.jpg

その後ダウンヒルなので仕舞い込んだ上着を取り出して

下り始める。

向こう側は道を新しくしているらしく道幅も広く

登坂車線も完備。交通量が少ないのでさらに気持ちがいい


DSC03493.jpg

が、ここで大型トレーラーが谷底に落ちていた。

事故直後ではなく数日前なのか数週間前なのか?

しばらく行くとかなりのつづら折りの下り

DSC03494.jpg

来た!!!!

レストエリアで休憩している観光客の横を

注目を浴びながら下る。

最高、気持ちいい!!

GOPR2690.jpg

2度目の峠は1500m程の高さだった。

なんとか100km走ったころ下りもほとんど

フラットになって残り30kmだったけど

自転車レーンが出て来て走り易く快調に行けた。

ちょっと疲れたけど無事130km強走って

ユースホステルに到着。しばらく休憩しますかね。







posted by yutaka at 19:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月04日

ラマダン中のカスパ街道を行く


翌朝8時過ぎに宿を出る。

ラマダン中はみんな夜更かしをする為なのか?

宿の受付のお兄ちゃんも未だ寝ていた。

叩き起こして、鍵を返して入り口のドアを開けてもらう。

未だ町は動き出していない。

相変わらずの雲一つない晴天。

DSC03484.jpg

砂漠の中の一本道を行く。

昨日泊まった町はバラ製品が特産で

バラ製品を扱った土産物屋が目立った

今日の道中でもたまーに現れる商店

土産物が売っている。商売熱心なモロッコ人は

各国の観光客向けに多言語で表記してあって

DSC03486.jpg

日本人観光客も顧客のようだ。日本語の表記が。

DSC03487.jpg

砂漠のヤシの木は異国情緒たっぷり。

DSC03488.jpg

DSC03490.jpg

写真撮影していたら対向車線をサイクリスト

が走って来た、アラブ人のように頭にターバン

撒いて顔も覆っていたので最初地元民かと?思ったが

載っている自転車がツーリング仕様のマウンテンバイクで

タイヤが3インチ以上あろうかと言う極太タイヤを履いている

コレは欧米人だとすぐ分かった。話しかけられてしばし

歓談。フランス人のセバスチャン。短期でモロッコを廻ってる

とのこと。以前には4年世界旅行に自転車で出ていたと言っていた。

ヨーロッパは仕事していても長期休暇が月単位で取れるので

羨ましい。日本で勤め人していたら1週間でも休暇とるのが難しい

位だと言うのに。。。

DSC03491.jpg

GOPR2678.jpg

GOPR2677.jpg

その後順調に走って

DSC03492.jpg


ワルザザードへ

DSC03493.jpg

DSC03494.jpg

町の入り口に宿を発見して

値段聞いてみたら100との事

で即決。

DSC03472.jpg

部屋は最上階の5階だった。荷物を3往復して

運んで、とりあえず飲み物を買いに出た

時間は3時頃。

ブラブラしていたら、観光地だからか?外国人相手に

営業しているレストランを見つけた、メニューの

値段を見てもチキンタジンが35とそんなに高くない。

ラマダンで日中の飲食は諦めていたけど、

思わぬところで昼食タイムに

DSC03495.jpg

チキンタジン

DSC03496.jpg

当然猫さんも待機。

DSC03499.jpg

アピール。

部屋に戻って夜まで洗濯、シャワー、ゆっくり

と過ごす。

8時頃、お腹がすいて再び昼に行った食堂へ

DSC03469.jpg

カフェオレ

DSC03471.jpg

とケバブ。

会計の時昼間居たおっちゃんが自分の事

覚えていてくれて、

また来てくれてありがとう!

としきりに喜んでくれた。

明日からアトラス山脈越え第2弾!


posted by yutaka at 18:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月03日

トドラを後に


昨晩の晩ご飯は


DSC03468.jpg

茄子とひき肉の炒め物、みそ汁、

キュウリと春雨の酢の物、白ご飯。

DSC03469.jpg

のりこさんの好意で揚げパンみたいなの頂き。

デザートはオレンジと豪華な夕飯。



DSC03470.jpg

今朝の朝食はベルベルオムレツと丸パンだった。

DSC03471.jpg

5泊お世話になったのりこさんの宿。

お世話になりました!ご飯とても旨かったです!

トドラ渓谷を出て、ティネリール経由でワルザザード

を目指す。

DSC03473.jpg

ヤシの木を久しぶりに見た。ベトナム以来か。

GOPR2669.jpg

川沿いのくねくねした道を14〜5キロ走って

GOPR2671.jpg

ティネリールに到着、ラマダン中でレストラン等の

営業が見込めないので商店で水と行動食を購入後

西を目指す。

DSC03477.jpg

 草木の無い砂礫砂漠の中の一本道を走る。

GOPR2672.jpg

景観は南米、チリ、アルゼンチンの南部を走っていた

時と良く似ていて、その昔パンゲア大陸としてアフリカと

南米がくっついていたのが容易に想像ができる。

GOPR2674.jpg

遥か進行方向にアトラスの雪山が見える。

天気は雲一つない快晴、

空が超青い。

ケラーアメグナの町に入って

宿を探す、80ディラハムの宿を見つけて投宿。

時間が3時頃と未だ早いのでラマダン中の為、

食堂は営業していない。商店はやっているので

飲み物だけ買って宿に戻って部屋でゆっくりしていた。

それにしても、後で気づいたが、この宿、掃除してんのか?

と思う程、汚い。ベッドのシーツもおそらく

使い回しているようで、枕カバーがうっすら黄ばんでいる。

さて、夕方7時近くにお腹が減って来たので外へ出てみる。

町を一通りぶらっと流してみるが、まだレストランが開かない

模様。いつになったら!?とウロウロしていたところ、

DSC03480.jpg

1軒の飯屋のオッサンが、飯くえるぜ兄ちゃんと話しかけて来た。

コレは渡りに船とこの店に入る。

メニューは選択の余地無く、ラマダン中の食事が

出て来た。

DSC03481.jpg

ハリラスープとナツメヤシ、シュバキアという

かりんとうの様な揚げた砂糖菓子、ゆで卵、

DSC03482.jpg

あと、クレープ生地の様なパンみたいなのが

出て来て、オレンジジュースとカフェオレ

が飲み物でついた。

自分は外国人なので、ボナペティ(召し上がれ)と言われ

ラマダン開けの合図を待たずに食べ始めた

他のお客は、出された料理に手をつけず

合図を待っているようだった。

7時半過ぎ頃だろうか?モスクから

アザーンのような放送が聞こえて来たのを合図に

この日のラマダンが開ける。

みんなが食事をし出す。

食事を終えて、会計に向かった。

当然ラマダンしていた店の店員も何も食べてない

ので、同じように食事をしていた。

飯食べていたおっちゃんに越えかけて会計をお願いする

口をくちゃくちゃさせながら、せっかちな客に笑顔で

計算機を打つオヤジ。

打った計算機を見せる。

金額、82ディラハム。

高え〜よ!オヤジ!!

宿代が80。それより高いじゃねーか!?

82と言えば日本円で960円ほど、

他の地元民の客が同じメニュー食って1000円弱

この内容に払ってると思えない。

一杯食わされたか。

DSC03483.jpg

宿への帰り、日中あれだけ車や人でごった返していた

街中はゴーストタウンのように人がほとんど、車も

ほとんど居なくなって静かだった。




posted by yutaka at 18:00| Comment(0) | モロッコ

2018年06月01日

トドラの休息


トドラ渓谷は小さな観光名勝になっていて

断崖絶壁があるのでこの壁を使った

ロッククライミングのアトラクションなどが

楽しめる場所のようだ。

投宿ました宿は日本人ののりこさんが経営する

宿で、予約無しに訪問したけれどお客さんは1人

だけでベッドも空いていたので快く迎え入れてもらった。

久しぶりに母国語での会話でストレスフリーな時間を満喫

宿はドミトリーで1泊150ディラハムだが、なんと、

夕飯と朝食が込みの値段。しかも、夕ご飯は和食!

初日の夕飯は唐揚げだった。写真を取り忘れたので残念だが

白米、漬け物、みそ汁と唐揚げ、デザートにフルーツ(スイカ、

メロンなど)がつく完全な和食で久しぶりに食べ堪能した。

翌日は、朝から自転車のメンテナンス。

朝食後に、あ、朝食はベルベルオムレツとパン、オレンジジュース、

モロッコティーだった。これも旨い。

朝食後だったから朝9時頃から始めた。

久しぶりのメンテナンスだったのでチェーンを外し

ディレイラーのプーリーを外し、クランクセットを外し

前後のキャリアを外し、ボトルキャリアもは外し、

フォークも外し泥を落としたりネジやチェーン、チェーンリング

プーリーなどをガソリンで洗ったりとフルメンテ。

後半に車輪のハブ軸のベアリングの清掃に取りかかった。

前輪のハブ軸を触ってまわすと片側がゴリゴリと動きが悪い。

嫌な予感がしてハブスパナを使って玉押し(ベアリングを押さえる

様に外からハブ本体に締めるナット)を外して見たら、

予感的中、玉押しのベアリングが当たるRの部分にムシッたような

傷がついていた。走っている時には自覚症状は無かったけれど

以前、ラオスで起きた症状と同じだ。

 しかも、スペインでいろんなパーツを揃えてやって来たアフリカ

だが、前輪のハブ軸は用意してこなかった!

後輪はリムを新調した時に予備としてハブを1個スペアで持って

来たのだが。。。。自分の詰めの甘さを責めたが仕方が無い。

とりあえず元に戻して今後どうするか考える事に。

今までは自覚症状無しに走ってきたので自走は可能だし、

ラオスでもっと酷い状態になってもタイのバンコクまで1000km

は走った経験があるのでとりあえずは良いだろうが。。。。

なんとも故障の多いこの頃。

終わったのが夕方4時頃。しかし、まだ後輪のハブは外して

掃除出来てない。全部本気でやろうとすると

丸一日以上掛かるのだ。

 この日は疲労とショックで切り上げた。

この日の夕飯はチキンカツ

DSC03468.jpg

DSC03469.jpg

漬け物のクオリティは高い。

他のお客さんと一緒に歓談しながら食べる

夕飯はうまい。

この日他の宿泊客2人は近くにあるトレッキングルート

を歩いて来たとの事。途中から雹に降られたり、

雨になったりと、天気が悪かったようで大変だったようだ。

午前中に出て行って戻ったのが4時過ぎだった。

そんなに長い間歩くとはかなり長いルートなのか。

いずれにせよ自分が行くなら天気のいい日に行きたい。

翌日は朝から溜った洗濯物をやっつける。

屋上がテラスになっていて洗濯物が干せる。

普段、なかなかこういう宿には出会わないので

こんな事が幸せに感じる。

その後はネットでダラダラ。

お酒の無い健全な毎日。笑

昼ご飯は宿のキッチンを使わせてもらって自炊の

パスタ料理。具の缶詰をオーナーさんが提供してくれた

ので2人でシェアする。

 午後から少し付近を散歩。

DSC03471.jpg

DSC03473.jpg

自分が自転車で走って来た方に歩いて行った。

DSC03474.jpg

DSC03475.jpg

結構な断崖絶壁の谷間に川が流れてその横を

道路が走る。

 この辺りに土産物店が並んでて、観光バスが

止まって、観光客が降りて写真を撮っていた。

DSC03476.jpg

近くの岩にロッククライミング用の仕掛けがあった。

あれを登るのか。。


 しばらくすると雨。

今日も天気が悪い。

DSC03477.jpg

宿のテラス。

 天気が悪いが、昨日新たにやって来た

日本人のお客がトレッキングに出かけた様だった。

やっぱり自分は今日、行かなくて正解。

夕方6時頃、トレッキングに行った男性が戻って来た。

途中で道に迷ったようで、6?7時間?くらい掛かって

戻って来たのか?

 夕飯を囲んでトレッキングの話やら、

旅の話、仕事の話で盛り上がる。

この日の夕飯は、ハンバーグ。

P_20180520_201845.jpg


 翌日も天気が芳しくないので宿でダラダラ。

昼ご飯作って食べる意外は日中ずーっとリビングで

DSC03479.jpg

座ってネットしていた。
 
腰が痛くなってしまった。笑


この日の夕飯は天ぷら!

DSC03480.jpg

今日、他の日本人旅行者が出て行ったしまったので

他のお客は今日やって来たアメリカ人カップルだけ。

 翌日はなんと快晴の予報で実際朝から晴天。

DSC03481.jpg

いい加減、体も休まったし、自転車のパーツを

どうするかも、決まった。

 自転車のパーツは、まだ走れそうなので3000km

先のセネガルの首都ダカールで受け取る事にして

ダカールの日本人宿にコンタクトをとった。

 なので、今日トレッキングに行って、明日出発しよう!

そう思って、朝食を済ませて朝9時過ぎに出た。

DSC03482.jpg

DSC03483.jpg

ロッククライマーがクライミングしている。

DSC03484.jpg


DSC03485.jpgDSC03486.jpg

400m程登山に近い坂を登って

開けた場所に出た。

天気がよくて気持ちがいい!

DSC03489.jpg

DSC03488.jpg

登りきってからしばらく左方向に正面にある峰を

迂回するように下る。1キロ程行くと

洞穴に住んでいる遊牧民の家族が居た

小さい子供たちが手を振ってくる。

可愛い。

DSC03490.jpg

晴天の絶景。

DSC03491.jpg

DSC03492.jpg

DSC03493.jpg

時間は午前11時少し前。

もう自分の投宿してる宿のある町が見えて来た

結局宿に着いたのが11時20分頃。

2時間強で終わってしまった!

前に行った2組は夕方戻って来たと言うのに。笑


 宿に戻ってから着ていた服が汗でベタベタになったので

洗濯。その後昼食を作って食べて、昼寝。

起きてからはネット仕事。

さて、休息も出来たし明日からバリバリ走るか!

次の目的地は首都マラケシュ

およそ4日の工程で目指す。

今日の晩ご飯はなんだろなあ。


posted by yutaka at 18:00| Comment(0) | モロッコ