2018年05月07日

さらばポルトガル


セビリヤまでは5日掛けて走った。

カスカイスを出て3日ポルトガル、

2日スペインの走行になった。

DSC03476.jpg

4泊キャンプ。

DSC03477.jpg

コルクの工場があったポルトガルらしい光景

DSC03478.jpg

晴れの日が多くなって、気温が23〜4℃の

気持ちのいい天気。

DSC03479.jpg

DSC03480.jpg

zooの看板


zooと言えばchoo choo trainでしょ。

と口ずさみながら走る。

DSC03481.jpg

ちょっと入り口で料金表を覗いたけど、

大人は18ユーロとの事。高い。

DSC03482.jpg

小さい町の小さな教会

DSC03483.jpg

町外れのオブジェ。

土道のローカルロードを走って

いくつも小さな町を抜けて走った。

ポルトガル走行最終日。

交通量の多い国道を外れて、ローカルロードへ

DSC03484.jpg

DSC03485.jpg

小さめの人造湖を見ながら走る

DSC03486.jpg

DSC03487.jpg

DSC03488.jpg

春の色合い。

DSC03489.jpg

DSC03490.jpg

道路の脇、左右とも道路に沿うように柵が設けられている

ポルトガルに入国した北部には無かったけれど、

これが延々と続く。畑や個人の敷地にしてあるのは

ともかく、森や国立公園地域に指定してあるエリアまで

囲んであるので、非常に野宿場所を探すのに苦労した。

本当にこの囲いにイライラさせられる。

DSC03493.jpg

国境付近にまた、今度は大きな湖が

DSC03496.jpg

DSC03497.jpg

景色もきれいで、快晴、ここは奇跡のように

囲う為の柵が無かったし、奥の方の湖畔なら

キャンプに持ってこいのナイスキャンプだった

けれど、早くスペインに抜けたかった。

西欧諸国、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル

と走って来たが、ポルトガルが一番この国の中で

車の運転が荒い。もちろん、他の走って来た国で

はもっと酷いマナーの国もあり、それと比べれば

すごくマシなのだけれど、のんびり走りたいしね。

それに、道路脇の柵のバリケードがかなりイライラ

させられる。スペインでは無かったのに。。。。

との事で先を急ぐ

DSC03499.jpg

DSC03500.jpg

戻って来たぜ、スペイン!

この後、スペイン側に入ってガッカリしたのは

柵が同じように続いている事。

何、スペイン、お前もか!

どうやらスペインも南部は柵がずっとしてある様。

仕方が無いので最初の町を通り過ぎて

しばらく走る。

道が川を横切る場所、橋の下近辺に

柵はあるけど、柵の外のエリアが広くて

草むらになっている場所があったのでそこで

キャンプした。

2018年4月25日、走行85.2km

2018年4月26日、走行109km

2018年4月27日、走行118km。
posted by yutaka at 16:00| Comment(0) | ポルトガル