2018年03月08日

パックスロマーナ@


翌朝、8時頃までに身支度を整えて

キャンプ場を後にする。

とりあえず、公共交通機関の乗り方が

分からなかったのでネットを調べたら

ローマ観光にはローマパスなる観光客用の

プリペイドカードが市販されているとのこと。

このローマパスは町の駅や売店で売られている様。

どこで売ってるのか?確実なのはメトロの駅。

最寄りのメトロの駅はやはり町の中心街まで行くしか無い

6km程なので歩いて1時間半くらい。

散歩のついでに見たく、歩く事に

DSC03468.jpg

来る時に通った町の北のテベレ川に掛かる

大きな橋まで来た。残り4km程。

迷いながらフラミニオという駅までたどり着いて

駅の窓口でローマパスを買いたいと伝える

自分が欲しかったのは48時間有効、1箇所の

主要観光地の入場料無料のパスだったが、

コレは取り扱ってないと言う。

72時間有効の2カ所無料券付きの

38.5ユーロ(およそ5120円)

のパスならあるとのこと。

どちらのローマパスも公共交通機関は時間内なら

乗り放題。

 面倒なので72時間パスをその場で買った。

DSC03469.jpg

その後パスでメトロを乗り継いで

コロッセオ駅で下車

DSC03470.jpg

あの有名なコロッセオ

フラウィウス円形闘技場へ

ネロの黄金宮殿の跡地に作られたと言う

ローマの正にど真ん中にある巨大な建造物。

DSC03472.jpg

DSC03473.jpg

確かにデカい。

DSC03474.jpg

ラッセル・クロウ主演、

リチャード・ハリス、ホアキン・フェニックス共演

リドリー・スコット監督作品である2000年

公開の映画「グラディエーター」

を思い出す。

コモドゥス帝が皇帝席で市民の歓声を受けながら

突き出した親指を挙げるのか下げるのか!?

名シーンが思い出される

DSC03471.jpg

ここが皇帝席

DSC03481.jpg

GOPR2573.jpg

GOPR2576.jpg

DSC03475.jpg

DSC03478.jpg

日本人の観光客も多いみたい。

実際にあっちこっちで日本語を久しぶりに生で聞いた。笑

DSC03480.jpg

コレが復元模型。


その後、すぐ隣にある

フォロ・ロマーノへ

フォロとは公共広場。

古代ローマのまさに中心地の遺跡

ここもかなり広い。

もう、歩き疲れてお腹いっぱいに成る程。

DSC03484.jpg

DSC03485.jpg

ラテン語の刻まれ装飾の施された凱旋門

DSC03486.jpg

DSC03487.jpg

2000年前の姿がそのまま残っている

DSC03488.jpg

DSC03489.jpg

DSC03490.jpg


DSC03493.jpg

DSC03494.jpg

モザイクの床張りの跡

DSC03495.jpg

DSC03499.jpg

DSC03506.jpg

まー、特にコレと言って目立った建築物は

しっかりとある訳でなく、廃墟の遺構と言った感じ

で淡々とこんな感じが広がっている。

その後、隣接のパラティーノの丘へ登る

コロッセオとフォロ・ロマーノとパラティーノの丘

はローマパスで主要観光地入場料無料特典で1つのカウント

72時間パスでは2個行けるので、もう一つ

無料で入れる事になる。


DSC03511.jpg

DSC03512.jpg

丘から見下ろすコロッセオ

そして丘を下って元の位置に戻ってきました

再びコロッセオ。

DSC03515.jpg

DSC03517.jpg

DSC03518.jpg


やっぱデカい

DSC03516.jpg

S.P.Q.R.

コレがローマだ!



疲れたのでこの日の観光は終了。

メトロでフラミニオ駅まで戻って

DSC03519.jpg

フラミニオから電車に乗り換える

キャンプ場近くにデュエ・ポンティという

駅があるのを発見。ここから乗り換え無しで

キャンプ場近辺まで行ける。

帰りにスーパーマーケットによって買い物して戻る

午後はキャンプ場で自炊したりワイン飲んだり。

調べものしたり。

平和なローマの午後。

DSC03520.jpg

DSC03470 copy.jpg

明日はバチカンへ足を伸ばす。

バチカン美術館へ

2018年2月21日走行、0km。






posted by yutaka at 15:00| Comment(0) | イタリア