2018年03月02日

ポンペイへ


翌朝、薄暗いうちに出る

今日はポンペイに着きたい!

そう、ポンペイ、あのヴェスビオ火山の噴火で

埋もれたままになっていた古代ローマの遺跡のある

あのポンペイだ。旅もとうとうここまでやって来た

さて、今日の天気は晴れ

IMGP4829.jpg

のよう、有り難い!

GOPR2517.jpg


晴れると陽光が暑いぐらいに感じる。

GOPR2518.jpg

GOPR2519.jpg

程なく山岳地帯を出て、下り坂が続いて

ルートはサレルノの町へ差し掛かった。

結構大きな町で海辺のヨーロッパ的な町で奇麗だった

車が多いので気を使って走る

GOPR2521.jpg

港もあって栄えている

程なく、サレルノの町から北へ山を登るルート

DSC03483.jpg

DSC03484.jpg

後で知ったけれど、この辺りはアマルフィという

町が近く、織田裕二が主演した映画アマルフィの舞台

にもなっている町があり、この一帯をアマルフィ海岸と

言うらしく、世界遺産にも登録されているとの事。

自分が登って行った坂から見下ろした町はアマルフィ

海岸の町の一つ、ヴィエトリ・スル・マーレと言う町

とても奇麗だった。

IMGP4833.jpg

海岸沿いにいくつか町が点在する。

どれも急峻な坂に張り付くように町がある

GOPR2524.jpg

GOPR2525.jpg

DSC03486.jpg

町の中はこんな感じ

その後、なんとか113kmほど走ってポンペイの

町へ入った。

ネットで調べておいた宿を訪ねる。

が、誰も居ない。宿というか、B&B(ベッド&ブレックファスト)

なんだけど、5〜6軒廻ったけれど誰も居なかった。

シエスタなのか?宿がシエスタなんてするのか?

しかも、イタリアで1、2を争う観光地のポンペイで

結局、街中のカフェに入ってネットに繋いでBooking.com

で安宿を探して予約、そしてすぐに向かった。

一泊27ユーロ(3600円)が最安だった。

明日観光する事にして2泊する事に。

部屋はバストイレ共用のシングルでシンプル。

宿の人は陽気で親切だった。

DSC03493.jpg

DSC03494.jpg

明日はポンペイ観光。

2018年2月16日走行、113.58km。
posted by yutaka at 10:00| Comment(0) | イタリア