2017年04月14日

蟻の居る、、、、


DSC03829.jpg

いや、本当に昨日の宿の部屋はきれいだった。

これで10ドル。

さて、今日も移動日。今日は130キロ強走らねばならない。

気合いを入れて部屋を出て荷物を一階へ運ぶ。

準備を済ませ、宿のおじさんに鍵を返して少し話す

おっさん「シェムリアップへいくのか?」

俺「いや、プノンペンだよ」

おっさん「あー、そっちか。何日くらいかかるんだ?」

俺「多分、3日」

おっさん「あー、気をつけて行けよ」

とやり取りして、朝飯を食べる場所を教えてくれた。

宿を出てしばらく行くと露天食堂があった。

ここで朝食。

DSC03830.jpg

DSC03831.jpg

学校のすぐ前と言う事もあって、子供がたくさん

飯を食べにくる。

いかにも地元民の集う飯屋。

DSC03833.jpg

本日の朝食

お金払うときにいくらだろうと思って

いたが、なんと3000リエル(およそ85円)

で驚いた。安。大体、食堂で食べて2ドル(230円)

くらいとられるのに、まあ、量やおかずが選べない

のも有るけれどそれでも安い。格差があるのは当たり前

だが、これが多分庶民価格なんだろうと思った。

朝食を済ませ出発。前半は結構起伏にとんだ地形

だったけれど、そのうちカンボジアらしい真っ平らな、

果てしなく向こうの方まで地平線の広がる道になった。

走り出すとなるべく止まりたくない性分のため

こうやってガッツリ走る日は写真が無い。

何か特別珍しいものでも出会えば別だが。

130キロ走ってコンポトムと言う町に入った頃

また、雲行きが怪しくなって、一雨来そうに!

なんとか宿に滑り込みセーフで濡れずに済む。

コレまた立派なお宿でちょっと高めの13ドル

ま、よしとして投宿

DSC03834.jpg

DSC03835.jpg

遊び心のある宿だ

DSC03836.jpg

宿のおねーさんが、色々、パン屋の場所とか教えて

くれたので、シャワーを浴びて食事へ

教えられたパン屋を通り過ぎたところにある露天食堂

にはいった。

これまた、衛生とか気をつけてるのか?と言うような

汚さだったが、気にせず、おかずを選んでご飯を

もらった。

DSC03837.jpg

DSC03838.jpg

が、このおかず。よく見てみると、なんか黒い

粒が結構入ってる。

良ーく見ると、

蟻!

蟻がたくさん入ってる。

ここで考えた。

コレはこういう料理か?いや、この店の衛生管理状態

からして、蟻が食料を求めて鍋の中には入りそのまま

おばちゃんが加熱して蟻入りカレーとなるの図が

頭に容易に浮かぶ。

スプーンで、そんな事を考えつつ、

蟻を取り出していると、

おばちゃんが、「なにしてんだ?そんなん

大丈夫、大丈夫、食べられるよ」とカンボジア語で

話すから分からないが、笑いながらそう言っていた。

ので、まだ蟻の残っているカレー(味はうまい)

をそのまま食すことに。

いつも休憩時や宿の床、最近やたらと目にする

蟻。

いつもお世話になってます。

と心の中でつぶやきながら、

完食した。うまかった。

これで3000リエルと庶民価格。

DSC03839.jpg

帰りに教えられたパン屋で

パンを買う。が、このパン屋も突っ込みどころが。

写真を取り忘れたけど、パンがパン屋だけに

あるのは良いのだが、明らかに全部売れないだろ?

と言うくらい陳列棚にパンがある。もう時間は夕方。

これから完売するとは到底思えない。しかも、カンボジア

のこの真夏の陽気、湿気も多い、すぐに傷んでしま

いそうなのに、残ったパンどうするのかな?なにか

傷まないように体に悪いもの塗ったり練り込んだり

してなーい?とおもいつつ。

でも、このパン屋のパン。美味しかった。

さあ、帰って部屋でビールだ。

DSC03840.jpg

本日の走行134.87km。
posted by yutaka at 14:00| Comment(0) | カンボジア