2017年04月06日

アンコール遺跡へ


朝、7時に階下へ降りて行って宿の無料朝食をオーダー

して、待っている途中、同宿の宿の日本人に

アンコール遺跡の行き方や、服装、携行品に

ついて色々と尋ねて情報収集。

朝食後、暑くなる前にそそくさと行動を開始する。

話を聞いてる限りでは、大まかなメイン

の遺跡観光であれば1日で済みそうな感じだった。

しかし、有名どころのカンボジアの

国旗にもなっているアンコールワットを含

むアンコール遺跡群は、知らなかった

けれど、大まかなものだけでも40程、

観光の起点となる町シェムリアップ近郊を

中心に東西に広がり、郊外の遺跡も含めると

数百キロの範囲に点在するクメール王朝時代

の遺跡群をさすようで。

もちろん世界遺産に登録されている。

シェムリアップの町からアンコールワット

まで7キロくらいと少し離れているため、

通常はトゥクトゥクと呼ばれる3輪バイクタクシーか

ツアーバスなどでアクセスするのが一般的

のようだけれど、自分はは宿でママチャリを

2ドルでレンタルして自走して行った。

チケット売り場が少し離れた、アンコールワットへ

向かう道ではない場所に有るのを知らなかったため、

チケットチェックポイントでここではなくて、

戻って3〜5キロてまえの売り場で買うようにと

場所を教えられ戻る事に。

暑い中戻るのもうんざりしていたところ、

ツーリストポリスのおじさんが声をかけてきて、

「チケット売り場まで3ドルで載せて行ってやるよ」と

小遣い稼ぎの相談が。

 いつもなら断っているだろうけど、チャリで戻って

時間と体力消耗するのも嫌だったのでお願いする事に。

バイクの後ろに2けつしてチケット売り場まで。

結局、5キロくらい行ったところにあってかなり遠かった。

一日券37ドル(およそ4200円)と結構高いが

コレで周辺遺跡群がすべて見られるというが。高い。

チケットを買って、おっちゃんにまた自転車のところまで

送ってもらって、3ドル払ってありがとう。

気を取り直してさあ、アンコールへ。

DSC03818.jpg

遺跡群はこんな森の中を走って入って行く。

DSC03819.jpg

なかなか、日陰になって涼しく感じる。

古代人も暑さをさけてここに都を築いたのだろうか?

DSC03820.jpg

しばらく行くと湖が見えてきて、コレが

アンコールワットの周りを囲む堀になっている

DSC03821.jpg

コレがなかなか、コレまで水というか川すら

干上がってまともな川が見えなかったが、

ここへ来てコレだけの規模の水の量を見ると

水の都といわれるのも納得。

DSC03823.jpg

写真では分かりづらいけれどもかなり広大な規模。

DSC03825.jpg

しばらく行くと正面側の入り口に。

DSC03826.jpg

両側の欄干の上にナーガと呼ばれるヒンドゥー教の蛇神の石像

が巨大で目を引く。

遺跡へのアクセスは石を積んでで作られた橋が大きな堀を

貫く。

DSC03828.jpg

DSC03830.jpg

堀がかなりデカい。

DSC03831.jpg

近づいてくると遺跡もかなりデカい

DSC03833.jpg

コレが一番外側の城壁、回廊の外側。

DSC03834.jpg

DSC03835.jpg

DSC03836.jpg

DSC03837.jpg

DSC03838.jpg

DSC03839.jpg

DSC03840.jpg

中には見事な彫像やレリーフが

DSC03841.jpg

外側の城壁の内側。

DSC03842.jpg

向かうは第一回廊

DSC03843.jpg

DSC03844.jpg

DSC03846.jpg

第一回廊の中

DSC03847.jpg

沐浴の池の跡

DSC03848.jpg

DSC03849.jpg

美しい細密なレリーフ

DSC03850.jpg

第二回廊を抜けて中庭へ

DSC03851.jpg

DSC03852.jpg

DSC03853.jpg

見上げるのは第三回廊。

第三回廊は入場制限があって、一度に100人前後をめどに

順番を待たなくてはならず、コレが炎天下の中1時間くらい待った。

DSC03854.jpg

やっと自分の番が回ってきて

DSC03855.jpg

この急な階段を上る

DSC03856.jpg

登って

DSC03857.jpg

見下ろすとこの急勾配。

DSC03858.jpg

遺跡の外側が一望出来る。

DSC03859.jpg

DSC03860.jpg

これまた見事なレリーフ群

DSC03861.jpg

中央塔に安置された仏像

DSC03862.jpg

DSC03863.jpg

DSC03864.jpg

見下ろした世界

DSC03865.jpg

DSC03866.jpg

見上げる中央塔

DSC03869.jpg

DSC03870.jpg

一つとして同じものの無いデバターと呼ばれる女官のレリーフ

DSC03871.jpg

DSC03872.jpg

DSC03873.jpg

DSC03875.jpg

DSC03876.jpg

本当に遺跡の規模がデカい。

分かりづらいが、映っている人間の大きさと

比較すれば分かってもらえるだろうが、

大きさ、完成度、残っている美しい装飾群

DSC03878.jpg

特に最後にゆっくり見た第一回廊の四方をぐるっと取り囲む

壁面のレリーフが圧巻だった。

DSC03879.jpg

DSC03880.jpg

DSC03881.jpg

DSC03884.jpg

こんな細密な浮き彫りが延々と端から端まで

物語を絵巻物を広げたかのように続く


DSC03882.jpg

こんな感じで延々に。

DSC03888.jpg

炎天下で暑くて、

早く帰ってエアコンの効いた部屋で冷たいビールが飲みたい

とずっと思いながらフラフラしてて、

コレとアンコールトムのバイヨンを観光したのみで

ギブアップして宿に戻ったが。

来てよかったし、人によって意見は色々かも知れないが

アンコール遺跡群。自分の中では今まで見た遺跡群の中

では一番かな?と思った。

本日の走行0km。(ママチャリで20キロくらいは走ったかな)



posted by yutaka at 17:00| Comment(0) | カンボジア