2017年02月03日

春节の深圳


中国の正月、春节。

何かで読んだけど、どんなに遠くに働きに行って

居ても地元に帰って祝うとかいう話を。

そのせいか、町の商店はどこも休んでいるところが

多く、町も道路もとても静かだった。

 10時ころから町へ繰り出す。

春節休みなのに、休みじゃないのは

公安職員(警官)

本当、中国でこのクラスの都市になると

道端で公安の姿を目にする。

雇用対策なのか?そんなに治安も悪くない

のに、無駄に公安職員がうろついている。

それとも、これだけ公安がうろついているから

治安がいいのか?

が、何をするわけでもなくフラフラしてるのも結構

大変そう。

GOPR1052.jpg

あと、監視カメラ文化。

GOPR1053.jpg

町のいたるところ、デパートのいたるところ、道路、

宿の廊下(安宿でも)、小さい商店でも

防犯カメラが付いている。

これも、外国人からしたら異様な感じ。

宿から2キロほど歩いて、やってきたのは

GOPR1055.jpg

AEON!

中国で初めて入ります。

と、しかし、11時になろうとしているが

人が少ない。

やっていないのか?と近づいてみると

春節のため本日の営業は11からとのこと。

もうちょっとで開くじゃん。

時間つぶしに近くにあった地下鉄の駅へ

GOPR1056.jpg

深圳の地下鉄の路線図。

僕の滞在しているのは宝安地区で西の端っこ。

中心部はもっと東、ちょうど香港の真北あたりになるみたいだ。

と11時になったので

AEONへ

GOPR1058.jpg

個々の店舗は2フロアだけで小さい規模だったけど、

日系企業らしく、日本の製品が結構置いてあった。

そうめんやうどんそばなんかも。

戻ってくるとちょうど12時過ぎ

お昼に昨日行った宿のすぐ横の飯屋へ

GOPR1059.jpg

GOPR1060.jpg

昨日と同じく、あまり流行っていない

お客も一人だけであった。

昨日なかった値段の書いてあるメニュー表を見つけ

見て注文、16元の

羊肉炒拉麺を頼んだ

待っている間に昨日食べた卵入りチャーハンの値段

を見ると9元。

むむむ?

昨日11払ったぞ?

外人だからぼられたか?

と思っていると、メニューの上の端っこに手書きで

『春节期间 物价上涨 全场涨价 2元/价』

と表記が。

辞書がなかったのではっきりとわからなかったけど

なんとなく合点がいった。

春節期間だけ、全品+2元になると。

16の炒面を食べて18払った。

 夜通ってる店ではそんなことないのに。

せこいことやってるから、流行らないんじゃないか?

いや、流行らないからせこいことやってんのか?

しかし、ほんとに流行ってる店の方が、店内も

きれいで明るい。入りやすい。

夜も行きましたよ

本日は

牛肉泡馍

GOPR1064.jpg

昨日の羊肉が牛肉になっただけだけど

15元で、ウマい!

本日の走行0km。


posted by yutaka at 17:00| Comment(0) | 中国