2014年06月15日

永遠の旅人


さて、6月から働き始めて2週間が過ぎた。

フルタイムで社会人をやるのも実に5年ぶり。

その上、今度の業種は某自動車製造関係で

連続2交代制の肉体労働系

ということもあり、

しかも赴任最初の週はいきなりの

夜勤スタートで

最初の1週間はかなりきつかった。

仕事もまた、覚えるまで暫く精神的にも

きつく、ストレスがたまる。

久しぶりの土日で

自転車を用意して

一泊二日のショートトリップに

駆り出した。

 ワールドツアーに出かける前は

たまの休みにあわせてこうして

テント、寝袋、炊事道具を積んで

一泊二日でチャリ旅したものだった。

 今回の目的地はおよそ76キロ先の

福井県の九頭竜湖。

ここは初めて自転車を買って、キャンプ道具

積んで行った原初の地。

 岐阜県側はずーっと緩やかに長良川沿い

標高を370メートルくらいまで上げていき

(家が大体、標高76メートル)

最後に油坂峠、標高750メートルまで

およそ400メートルを上る

旅を始めたころにはこの工程は

地獄のように、心臓破りの

坂だった記憶。

PENTAX K200D       011.jpg



坂の中腹は眼下に白鳥の町を見下ろせ

景色がいい。

 しかし、こうしてチャリを駆って

いると、いやでも、ワールドツアー

の記憶が、断片的にフラッシュバック

する。この景色は、北米で見たのに似ている

とか、ああ、メキシコではこうだった、とか、

南米のチリではどうだったとか。。。。

 一度旅人となり、旅に魅せられた人間は、

一生、旅人なんだろう。

 Para siempre permanecera un viajero si una vez

viaje y se de cuenta de lo estupendo de viajar.


特に、チャリ旅は。

PENTAX K200D       018.jpg


旅にでる前のことを思い出していた。

世の中の、自然の美しさ、色鮮やかさ、

その中を自分の体を使って前進してゆく。

ゆっくりと、確実に。

PENTAX K200D       010.jpg

 空の青さ

PENTAX K200D       020.jpg


山々や植物のあでやかな姿

IMGP2956.jpg

流れる川の涼やかさ

PENTAX K200D       023.jpg

歴史と文化の重厚さ

IMGP2962.jpg

IMGP2964.jpg


チャリ旅は

 まさに贅沢な旅の手段に他ならない

と思う。

 ごらん、世界はこんなにも美しく

 素晴らしい




7年前の僕に響いていた。

 
posted by yutaka at 19:57| Comment(1) | 日本

2014年06月02日

5年ぶり


 仕事もやっと決まり、6月の第1週目から

初出勤となった。

 実にフルタイムで働くのは5年ぶりだ。

前回のチャリ旅へ出るために、5年前の4月で

前の会社を退職し、6月の27日に一路アラスカへ

と旅立ったのが遠くもあり、近くもある昔。

 あの時、世界一周のつもりで、長期の旅行保険

を探して、5年の物件を契約して旅立った。

保険が切れるなり、旅を完結するなりして

戻ったとしたら、今時分に戻ってきたんやなぁ

なんて思うとなぜか、感慨深い。

 これからは、何事も、一期一会。

と思って、全力で、一生懸命、何事も取り組んで

旅の準備をしたい。

 ちょっと、仕事まで時間があったので

自転車に乗ってふらっと、近場へ。

今回は、往復50キロ強くらいの

八百津の蘇水峡へ。。。

 10248796_694093543961363_1883622965_n.jpg
 

 6月も始まったばかりだというのに、

まるで真夏日のような日差し。

が、しかし、自転車で風を切って

走っていると、ぜんぜん涼しく、

快適だ。むしろ、南米の丁度

真夏を走った、チリ、アルゼンチン

の日々には遠く及ばない暑さだ。

 10410047_694093600628024_1080464470_n.jpg

 意外と近場でもこんなきれいな景色に出会えるものだ。

ここら兼山町は、あの戦国武将、

森蘭丸 生誕の地としても有名な場所で

さらに、その先の八百津町は、

第2次世界大戦下、リトアニアの領事館で

人道からポーランドからの難民に大量のビザを

発給し、6000人に上る避難民を救った

外交官、杉原千畝先生の生まれ故郷でもある

という、由緒のある場所だ。

 他にも、明治時代に建てられたという

旧八百津発電所の本館等が今も資料館として

残っていたりする。

  10428887_694103743960343_1094123315_n.jpg

 こうして、自転車で自分の力で、目的地を決めて

すすんでゆく。景色を愛でながら、

風を感じ、太陽、季節を感じながら。

疲れたら、木陰で休み

水を飲む

ただの水がこんなにうまい瞬間は他に

あるだろうか?

 昼は、最寄のスーパーで惣菜やビール

を買って、目的地へ。

 昼食タイム。

こんなにうまい飯と昼ビール。

他にあるだろうか?

 10432202_694234300613954_610104349_n.jpg
posted by yutaka at 09:29| Comment(0) | 日本