2017年12月15日

銀世界のアナトリア


トルコ走行初日、昨晩は国境を越えてから

しばらく登りが続いた。ので途中で嫌になって

道路沿いに現れた遺跡風な公園?廃墟の

中でテントを張った。建物と言っても囲いが

あるだけのシンプルなもので雪が辺りにつもっていた

ので誰も入ってこなさそうだった。

翌朝、撤収して走り出す。

一旦、ポソフという小さな村までしばらく降りて

ここから長い登りが始まった。

およそ1000m登った

久しぶりの峠越えだが

ダラダラと登る峠はとても疲れる。

しかし、次第に標高を上げるにつれ

IMGP4648.jpg


多分数日前に降ったであろう雪が一面を覆う

IMGP4658.jpg

銀世界へと突入して行く。

IMGP4661.jpg

絶景が広がる。

IMGP4662.jpg

IMGP4661.jpg

そしてやっと2550mの峠付近

IMGP4665.jpg

IMGP4666.jpg

IMGP4671.jpg

越えて向こう側もずーっと向こうの方まで銀世界

本当に奇麗だった。自分の走っている道意外は

ずーっと全部白いのだ

IMGP4672.jpg

IMGP4673.jpg

IMGP4675.jpg

IMGP4676.jpg

IMGP4677.jpg

峠を降りてアルダハンという比較的規模の大きい

町を目指すが、下りきってから、道は内陸にありがちな

地形そのままのアップダウンを繰り返すルート。

日も短いので結局町には届かず30キロ程手前の

森の中でキャンプする事にした。

 翌朝、気温が−10℃。

寒いが、自分の持っているキャンプ道具は全然

耐えられる装備で良いのだが、撤収のときが困った。

手がかじかんで動かないし、凍傷になるか?と言うぐらい

触るもの全てが冷えきっていて指の体温を奪って

準備が進まない。冬のアナトリアは、冬も、旅も

始まったばかり。出始めがマイナス10℃ならば

コレからさらに冷え込むのか?

内陸は乾燥していて晴れの日が多いが極寒。

大して冬でも温暖な黒海沿岸の低地は天気が悪く

雨の日が多いらしい。どっちが良いのか?

アルダハンで2泊休憩して考えよう。


 午前中には極寒の世界を走ってアルダハンへ

到着した、途中快晴で日が昇っても気温は

マイナスのまま。コレはこの先走っていても

寒くて辛いかなあなんて思いながら走っていた。

 トルコ国境でトルコリラを手に入れようと

思っていたけれど、国境には両替屋もなにも無く、

途中の村にも銀行がなさそうだったためここまで

トルコリラ無一リラで2日走って来た。

先ずはATMでリラを引き出し宿を探す。

適当に探したやどにチェックインして町へ

DSC03468.jpg

DSC03471.jpg

昼ご飯

DSC03482.jpg

晩ご飯

DSC03470.jpg

朝ご飯

DSC03469.jpg

ここアルダハンでは2泊だけだったけどゆっくりした。

結局、いろいろ考えて一度黒海側にアナトリア高原を

降りる事にした。
posted by yutaka at 10:00| Comment(0) | トルコ

走行の軌跡


走行軌跡を更新



12月現在27カ国目の訪問国トルコ。
posted by yutaka at 01:46| Comment(0) | 走行記録