2018年02月23日

寒いのが嫌で来たはずの南イタリアですが。。。。


昨日は本当にヘロヘロだった

8時間漕いで、87km。獲得標高1500m。

それでも毎日走っててなれてるので今日も走る

のである。

昨日900mそこそこまで登った。

そこからあと400m登る事になる。

結構南西イタリアは山岳地帯の様だ

朝日が出てくる頃

ひたすら頂上まで登り続ける

GOPR2494.jpg

GOPR2496.jpg

朝日を浴びて

絶景を堪能。

自転車旅の醍醐味。

だが、もう寒いのはたくさん。

トルコに比べれば全然ましなのだが、

寒いものは寒い。−1℃でも。

GOPR2499.jpg

1200m辺りから

雪が積もってた

GOPR2502.jpg

GOPR2504.jpg

GOPR2506.jpg

IMGP4820.jpg

こんな山の中に向こうの方に町がある。

なんでこんなとこ住んでるの!?

IMGP4822.jpg

謎だ。

結局1300ちょっとまで登って

IMGP4827.jpg

後はダウンヒル

DSC03498.jpg

水場を見つけて水を補給。

ブリンヂイシイを出て今日で

4日目。電池の充電をしないといけないし

今後の走行ルートの情報を得たいので

今日は宿を取る事に。

ラゴネグロの町まで走って

宿を探し出したら雨が降って来た

走行は50ソコソコ、時間も午後1時

頃だったけど丁度良い。

25ユーロの宿を見つけて逃げ込んだ。

宿のおばちゃんはイタリア語オンリー

だったけど、いい人で言ってる事も

何となく、スペイン語で話しても

話が通じた。

いや〜イタリア。

物価高いから、シチリアまで足伸ばしてると

結構金かかるな〜と思って

今後どうしようか迷ってる自分だった。

2018年2月12日、走行57.7km。




posted by yutaka at 20:00| Comment(0) | イタリア

2018年02月21日

イタリアの道


翌日、6時起床して撤収していたところ

前輪のパンクを発見。

早く走り出そうとしたが

結局修理していたら7時半過ぎになってしまった。

西を目指す。特にどこという訳ではないが

漠然とシチリアに行きたいと思って西へ駒を進めていた。

道はターラントの町を過ぎて海岸線沿いに

SS106号線が海岸線沿いに南西に走っている

がこの道は自転車は走っちゃ駄目の様で

この幹線道路沿いにローカルな道が縫うように

纏わり付くように走っていたのでそれを走る

が、時々、北や南へ回り道を強いられる

DSC03487.jpg

回り道に北上したら

古代の水道橋の跡が

DSC03488.jpg

なんともイタリアらしい

DSC03489.jpg

桜の季節ですか?

日本は未だ寒いだろうなあ。

結局この日は100km弱走って

現れた橋の下でキャンプする事に

天気が悪くなって雨が降って来ていた

橋の下なので雨はしのげる。

DSC03490.jpg

野宿場所に困ると言われてたイタリアだけど

南は結構無人地帯があったりポイントは

多いみたい。

翌日、6時起床7時前に出発、

10キロ程走って

道が無くなる。というか、道はあるのだが

車社会的構造になっていて、

自転車が走っちゃ駄目な高速を走らないと先に

行けない状態(ローカルロードが無くなる)に

もう、腹が立ったのでちょっと戻って

内陸部の山岳地帯を目指して走る事に。

ルートは次第に山深くなって行った。

途中、ガススタで行動食とワインを買って

キャンプに備えて水をもらう。

DSC03492.jpg

完全にローカルな道に入って

ひたすら登ったり下ったり

DSC03493.jpg

交通量は皆無。車を本当に見なかった。

DSC03494.jpg

DSC03495.jpg

IMGP4814.jpg

こういうルート大好き!!

路肩は無いけど、気にしないで自分のペースで走って

休憩出来たりする。

DSC03496.jpg

DSC03497.jpg

GOPR2488.jpg


ひたすら登って

GOPR2489.jpg

山の稜線を行くルート

GOPR2490.jpg

景色も絶景、しかも車はほとんど走らない

GOPR2491.jpg

GOPR2492.jpg

夕方になって、標高800m程まで登った。

いい加減、時間も夕方4時頃、距離は80キロそこそこ

しか来てなかったけれど、走行時間はもうすぐ8時間

になろうとしていた。ので、キャンプ場所を探してたが

山道+民家が点在して出来そうにない。

走ってると、こんな山の中に張り付くように

町というか村?が現れる。

先に進む道はこの町の中をつづら折りに

登ってさらに上に。

正直ヘロヘロだったけれどキャンプ地を探して

ひたすら激坂を、本当に街中は激坂だった。

を登って町の外に出ようとしていたら、

声を掛けてくる青年が、

英語を話せるか?と言って来たので

分かるよと言うと

この先、峠道で、頂上で雪が降ってる、

しばらく町も村も無いし、自転車でこの時間から

先に進むにはとても危険だよ。

と言って来た。

 あ〜。でも、それ承知で走ってるし

高々、標高1000〜1300mだし、

気温も、トルコで12月初めに−10℃以下で

キャンプしてるし。ここで下がっても−3℃が

せいぜいでしょ。と思って。

装備品持ってるから大丈夫だよと言った。

っていうか、それよりも疲れてヘロヘロだから

キャンプ出来る場所早く見つけたいんですけど〜。

すると、彼は、頂上でキャンプするの?はははは

と笑って、Good!

Good luck!

と言って送ってくれた。

その後つづら折りを登る事30分くらいだろうか?

標高も900mを越えた頃に

一台の車とすれ違う。

運転手が話しかけてくる

イタリア語で。

どうやら、俺を心配して、さっきの彼のように

この先どうするんだ?みたいな感じで心配してくれて

居る様。だが、イタリア語がネイティヴで話されては

さっぱり。

 何となく言いたい事は分かるが、散々上り坂を

登らされていい加減疲れてて、すぐにでも良い場所が

あったらキャンプして休みたい!

親切なおっちゃんありがとう!

っていうか、本当にイタリア人、いい人が多い。

お別れを言って走り出してすぐに現れた

キャンプ出来そうな場所でキャンプする事に。

明日はどんな出会いがあるだろう?

2018年2月10日、走行98.8km。

2018年2月11日、走行86.85km。
posted by yutaka at 19:00| Comment(0) | イタリア